Blon BL01 実機レビュー。美しい金属ボディのイヤホン

イヤホン

Easy earphonesから中華イヤホンBlon BL01を頂きました。

2千円と少しという低価格帯のイヤホンですが、デザイン面、音質共に完成度の高いイヤホンになっています。

Aliexpress(Easy earphones)でBlon BL01をチェック!

スポンサーリンク

Blon BL01 実機レビュー

スペックは下記の通りです。

商品名:オリジナルBLON BL-01インイヤーイヤホン
ブランド:BLON
モデル:BL-01
イヤホンの種類:インイヤー
インピーダンス:16Ω
イヤホン感度:102 dB/mW
周波数範囲:20~20000 Hz
インタフェース:3.5 mm(金属)
プラグタイプ:L形曲線
ケーブル長:1.2 m±3 cm
カラー:シルバー、ブラック
ケーブル付属:○
イヤホンインターフェイス:2ピン0.78mmコネクタ
マイクの有無:オプション
ケーブル交換:○

付属品はケーブル、イヤーピース2種類(3サイズと2種類)、巾着袋、説明書です。

リケーブルにマイク付きモデルもあるようですが、今回はマイクなしモデルになります。

色はブラック系統のものらしいですが、シルバーの色が濃くなった程度のようです。このイヤホンは、鏡面仕上げのハウジングを売りにしているようで、マットな黒ではありませんでした。

商品画像はかなり黒っぽいですが、実際は薄い色でした。

写真では中々伝わりづらいですが、綺麗な鏡面になっています。写真を撮ると映って欲しくないものが映ってしまい、撮影が大変でした。

大きさは中華イヤホンにしてはかなり小さく、コンパクトなサイズ感です。日頃よく使っているSE215の一周り大きい程度で、違和感なく使えました。

コネクタは、2pinですがコネクタが飛び出ているタイプになります。このタイプは個人的には始めてでしたが、中身は他の2pinのものと同じようで、手元のリケーブルも使えました。

ただ、強度性やつけ心地的にはあまり良くないので、このタイプに対応したリケーブルは用意する必要がありそうです。

付属のイヤーピースの品質は素人な自分でも分かるくらい良くないです。ペラペラな素材で、つけていて耳の中で位置が安定しません。

イヤピは別途用意した方が良いと思います。

TWSイヤホンユーザーにオススメしたいイヤーピース「AZLA SednaEarfit Short」レビュー
突然ですが、皆さんは今のイヤホンに満足していますか? 特に、TWSイヤホンユーザーの方は、「なんとなくこれかなー」とか「Bluetoothなら仕方ないかな」とか妥協することが多いのではないでしょうか。 TWSイヤホンを選ぶ際には、“...

上記記事ではTWS向けのShortモデルのレビューを書いていますが、有線イヤホン向けのAZLA SednaEarfit Lightを装着してみるとつけ心地が格段に向上しました。

音質に比重を置いて、イヤピでコストダウンしているのかもしれないです。

肝心の音ですが、中音域から高音域よりになっていて、クセのない音です。高音の表現力が多彩で、女性ボーカルの曲や高い音域の男性ボーカルの曲をこのイヤホンで聞くと新鮮さを感じました。

個人的にはかなり好感の持てる音質です。どこかの音域が不自然に大きい感じはしないので、長時間聞くのにも向いていると思います。

この値段のイヤホンは重低音よりでドラムの音を不自然に大きくしたような音であることが多いので、このイヤホンでそのイメージが払拭されました。

デザイン、大きさ、音質ともに満足のいくイヤホンでした。

Aliexpress(Easy earphones)でBlon BL01をチェック!

Amazon検索
イヤホン
スポンサーリンク
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント