Oculus QuestだけでVRChatを始めてどれだけ楽しめる?高性能なPCは必要?

VRChat

この記事は、 Oculus Quest Advent Calendar 2020の20日目の記事です。

5月頃にOculusの公式サイトでOculus Questの入荷を今か今かと待っていたのが、遠い昔のことようですが、自分がOculus Questを7月に手にしてから4ヶ月が経過しました。7月の終わりにVRChatを始めて以来、毎日のようにログインしていますが、今でもVRを始めた時のワクワク感を感じています。

この記事はOculus QuestでVRChatを始めてみようかなと思うけど、どのくらい違いがあるのか知りたい方向けの記事になります。

スポンサーリンク

Oculus QuestだけでVRChatを始めてどれだけ楽しめるの!?

Oculus QuestやVRに興味を持っている方の記事を見るとよく「空間を共有できてこそVRだけど、現状はそういうソフトがなく、惜しい」といったもの「Oculus Questだけではスペック不足で行けるワールドも少なくつまらない」といった意見もあります。

個人的にはこれらに対して、「思い描いているであろうVR体験はVRChatにあるし、Questだけでも空間を選べば楽しめるワールドもたくさんある」と言えると思います。

特に、スペックの向上したQuest2なら単体でも動作が重くなりにくくなっているので、VRChatの面白さがQuestだけでは分からない、なんてことはありません。

もし、Quest版が不完全なVRChatだったとしたら、VRChat運営はここまで手間の掛かるクラスプラットフォームに全力で取り組んでいないと思います。

実際自分は、今では1世代古いQuestとなった初代を使っていますが、始めた当初はグラフィックの強いPCが手元になかったので、1ヶ月程度Quest単体でログインしていました。

Quest単体でプレイする中で、VRChat内での人との出会いや、VR体験がホント新鮮で、「もっと楽しみたい!」という気持ちになり、それなりにグラフィックの強いPCを準備しました。

VRChatはTwitterや大きな目標のないオンラインゲームと同じく、個人が面白さを見いだせるかどうかにかかっているので、人によって合う合わないや、プレイスタイルは様々だと思います。

そんな中でOculus Questで入ったVRChatが自分のプレイスタイルを決めるきっかけになると思うので、「高性能PCを持っていないからVRChatに興味はあるけどやらない」というのは、少しもったいないかなと思います。

Oculus Quest単体とPC VRとの大きな違い

まず、Quest単体ではワールド製作者が、Quest向けにアップロードしているワールドにしか入ることが出来ないのが最大の違いだと思います。

文章だけだと大きな制限のように思えますが、実際のところ、Questのファイルサイズ制限を受けるくらい大きなワールドを除くと、人気ワールドの多くがQuest対応が行われています。

Questの処理能力やアーキテクチャの都合上、PCとQuestで全く同じに見えない場合もありますが、同じ空間でトークを繰り広げ、アイテムを掴んだり、ゲームをしたりという空間共有という観点ではPC版とQuest版で十分なレベルになっていることが多いです。

※VRChatのワールドはVRChatをプレイしている一個人が制作しているものが殆どです。そのため、ワールドによって、Questへの最適化具合は異なります。

VRChatに始めてログインする前まで自分は、QuestとPC VRの人と同じ空間居ることができると思っていなかったので、結構大きな驚きを感じました。(クロスプラットフォームが当たり前になりつつある現代では普通なのかもしれませんが)

VRChat運営がクロスプラットフォームに積極的であったこともあり、Quest非対応ワールドを除くと、PCとQuest単体が混じり合うのが普通の世界になっています。

個人的には大きな違いはここだけで、他の際は大きな問題ではないのかなと思います。

人によってはQuest非対応アバター(高負荷アバター)が、Questの画面越しに見ると、画一化されたロボットアバターに見えることの方が重要な問題だという人もいます。

それについての自分の意見としては、声はちゃんと聞こえるし、たとえロボットアバターでもそこに居るには違いないので、大きな問題ではないかなと思います。

アバターは1つしか選べないわけではなく、常時変更可能なので、PCユーザーがQuest対応済みのアバターに一時的に変更すればその問題は解決出来ます。

※Quest対応の高負荷アバターはデフォルトで表示されないだけで、個別に設定することで表示可能

人気のゲームワールドはQuest対応しているところが多い

VRChatには面白いゲームワールドが沢山あります。

クロスプラットフォームは下記のアイコンで見分けることが出来ます。

左がPCだけが入れるワールド、右がPCとQuest両方が入れるワールド

Murder

多分VRChatで一番人気のゲームワールドです。

既に、Murderワールドシリーズは4つ出ています。

ルールは動画を見ればわかると思いますが、ランダムに選ばれるmurderがそれ以外の人(bystander)を自分がmurderだとバレないようにナイフで刺すゲームです。

人数が初対面同士でも盛り上がれるので、おすすめです。

among us

murderと同じ作者さんのゲームワールドです。

人気ゲームAMONG USのルールをそのままにVRに持ってきたワールドになります。

3人称でやる原作AMONG USも面白いですが、1人称視点のAMONG USも新鮮な感覚で面白いです。

ShootingBattleVRC

最近出たばかりのシューティングバトルが出来るゲームワールドです。

PUBGみたいなバトルロワイヤルモードもあります。

そして、作者さんは日本の方です。

Questに最適化された大規模イベントも多数

Quest 2の登場から、Quest単体でログインしている方は爆発的に増えました。

VRChatのQuest版にはPC版に比べると制限がある中、Quest単体でログインするユーザーの増加、そして新規参入者に対しての囲い込みとして、Quest単体でも楽しめる工夫を凝らしたイベントが増えています。

VRに興味のある方は知ってる方も多いであろう、VRChat内で開かれる大規模イベントVketは、Vket3以降Quest対応のワールド(出展がQuest対応のサークルのみなので、PC向けのものとは内容は異なります)を準備していますし、Quest向けのバーチャル即売会イベント「クロスマーケット」もあります。

VRChat Quest版とPC版との具体的な違い

この見出しでは少しだけ詳細にQuestとPCの違いをまとめています。

Oculus Questのアーキテクチャはスマートフォンと同じARM系アーキテクチャ、OSはAndroidをベースにしています。一方でPCの場合だと、x86/x86-64系アーキテクチャでOSはWindowsであることを想定しています。

ワールド制作やアバターをアップロードする際にUnity利用するのですが、基本的にQuestに対応させるためにはスマートフォンに対応を意味するMobile対応のものを用意する必要があります。※アバターのQuest対応シェーダーはVRChatの用意したもののみ

こういった違いがあるので、現状では完全な互換を確保するのは非常に難しいです。

Quest対応化がどのくらい難しいかというと、VRChatの公式ドキュメント内のQuest対応ページの一番上に「Creating content for VRChat Quest is a challenge(VRChat Quest用のコンテンツを作成するのは難しい)」とあるくらい難しいのです。

そのため、多くの差異があります。

アバター関連

  • 影や光り方を表現するシェーダーが公式の用意したもののみしか使えない
  • テクスチャの透過が出来ない
  • 髪や袖を揺らしたりするダイナミックボーンが使えない
  • アバターオーディオの配置が出来ない
  • リジッドボディ、コライダー、ジョイントが使えない
  • 利用出来るパーティクルの大幅制限
  • アバターのデータサイズは10MB以内
  • e.t.c

QuestはスタンドアロンVRとしては強力なスペックを持ったデバイスですが、大勢でも快適なプレイが出来るようにこういった制限があります。

Questから見えるアバターはこれらの制限から、上記の事項が省略されたものになっています。

Quest向けにアバターをアップロードする際にはこれらに注意してアップロードすることになります。

ワールド関連

ワールドはアバターほど制限が厳しくないのが特徴です。

  • 利用できるシェーダーはmobile対応のもの
  • Post Processingは使用不可
  • 利用出来るパーティクルの大幅制限
  • ワールドデータサイズは50MB以内

ワールドデータサイズ制限でPCのような大規模なワールドがなかったり、パーティクルやシェーダーの関係でPCとQuestで見え方が違ったりします。

 

機能面

  • VRChat内のカメラ機能の削除
  • Youtube-DLを使ったワールド内の動画再生

ワールドに設置するタイプのカメラは使えるのですが、PC版では当たり前に使えるカメラ機能がQuestでは削除されています。

カメラ機能は技術的には実装可能だけど、Oculus Questのファイル権限の問題で削除されています。

カメラに関しては見えている画面を撮影出来るQuest内部のスクリーンショット機能で妥協するしかなさそうです。

動画再生はQuestでは不安定で、予めサーバーにアップロードして準備したMP4ファイルが再生できることはありますが、出来ないことのほうが多いです。

また、PC版ではワールド内で同じ空間にいる人と同じYouTubeの動画を見て楽しむことが出来ますが、Quest版ではYoutube-DLが搭載されていないのでそれができません。

VRChatを始めたい!

日本人向けに操作方法などを解説するワールドである「[JP] TUTORIAL WORLD」などはPCとQuest問わず多くの日本のユーザーが利用しています。

このワールドにいる人は、親切な人が多く、ユーザーランクがVisitor(初回ログインから数時間程度のプレイ時間の人に与えられる称号)の場合、近くにいるユーザーがVisitorユーザーに声をかけてくれるので、VRChatを始めるならこのワールドに最初に行くのが、おすすめです。

「VRChatは外国人にしか会えない」などということはこのワールドに限ればないと思います。

VRChatのプレイヤーは優しい方が多いので、過度に怖がる必要は無いと思いと自分は思います。

Amazon検索
VRChat
スポンサーリンク
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント