1MORE ComfoBuds Mini 限定色”レッド”をレビュー。着けたまま寝れるくらい小さい!

3.5
イヤホン

着けたまま横になって寝っ転がっても痛くないTWSイヤホン「1MORE ComfoBuds Mini」の限定色”レッド”をご提供いただきましたので、レビューします。

最大40dbのアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能、他社メーカーの小型モデルよりも遥かに小さい超小型が主要な特徴です。

今回レビューするレッドは限定色ということもあり、初回入荷のみで、在庫が売り切れ次第販売終了となります。その場合、選択可能なカラーの選択肢は「ブラック」と「ホワイト」のみになります。

1MORE ComfoBuds Mini

提供: 1MORE INTERNATIONAL LIMITED

パッケージ

パッケージはこんな感じです。日本国内の技適も通過しており、安心して利用できます。

付属品

限定色ではあるものの、イヤーピースも赤色のものが用意されています。何気に気合が入っています。

他の付属品は、他の色と同じです。

説明書は多言語対応のため、かなり分厚くなっています。

外観

充電ケースはつや消し加工のされているマットな赤色です。

側面にはペアリング用のボタンが設置されています。

充電ケースの蓋を開けるとこんな感じです。

イヤホンの頭部分が出ているので、取り外しも手間取りません。収納時は磁石で吸い付くので、楽です。

充電はType-Cケーブルか、Qi規格によるワイヤレス充電に対応しています。

イヤホン本体はつや消しなしのレッドです。

ブラックとホワイトは充電ケースと同じようなマットな仕上げだったので、レッドのみ塗装が異なるようです。

赤いガジェットの定番iPhone SE2のProduct REDと比べてみるとこんな感じです。

イヤホン本体の赤い色がテカリ具合などを含めて似ています。

随分前のモデルですが、国内未発売のPOCOPHONE F1のレッド色と比べると、1MORE ComfoBuds Miniのレッドの方が濃い赤色と言った感じです。

POCOPHONE F1 レビュー。SD845搭載で300ドル!スペックでハイコスパなスマホ!
どうもこんにちは、Till0196(@Till0196)です。前回は簡易レビューとして、POCOPHONE F1の写真とちょっとしたレビューをしました。今回は詳細にレビューしていきます。 POCOPHONE...

専用アプリ

1MORE MUSIC

1MORE MUSIC

1MORE Acoustic Technology(Shenzhen) Co., Ltd無料posted withアプリーチ

各デバイスのストアで専用アプリ「1MORE MUSIC」が無料配信されていて、ノイズキャンセリングの強さ、ファームウェアアップデートなどが行えるようになっています。

専用アプリなどのレビューに関しては、ホワイトカラーのレビュー記事にて行っていますので、そちらをご参照いただけると幸いです。

1MORE ComfoBuds Mini レビュー。有線イヤホン並の小ささ!装着したまま寝れるイヤホン
超小型TWSイヤホンの1MORE ComfoBuds Miniをレビューします。 TWS(左右分離型完全ワイヤレスイヤホン)は、仕様上耳に入れる部分にバッテリーがあるため、小型化が難しく、小型であることをアピールポイントとしているイヤ...

装着感

小型な本体のおかげで、耳の奥に入れやすく、耳から飛び出ている部分も少ないので、長時間利用でも全く負担を感じません。

イヤホンを着けたまま、横になっても落ちることもなく、痛くもならないため、睡眠促進イヤホンとしても利用出来ます。

音質など

同モデルのホワイトカラーを過去にレビューした際にも記述したのですが、音質に関しては値段の割に少し満足感が不足するかなと感じます。

1MOREでは、他にもTWSイヤホンをリリースしていて、今回のレビューの前にレビューした1MORE EVOは高音低音共に深みのある音で価格以上の音質の良さを感じました。

1MORE EVO レビュー。完成度の高い美しい筐体、ハイレゾLDACプロファイル対応、最大42dbのノイキャン搭載のハイエンドTWSイヤホン
イヤホンメーカー1MOREのフラッグシップモデル「1MORE EVO」をメーカーより頂いたのでレビューします。他社メーカーのハイエンドシリーズより値段が安いにも関わらず、筐体の素材、デザイン共に素晴らしいものになっています。音質に関...

しかし、1MORE ComfoBuds Miniでは、音に深みが無く、高音低音が殆ど出ていません。

1MOREの他の製品では良い音が出せているので、小型モデルでアクティブノイキャンを維持しつつ、かつ手頃な値段を実現するために、音質が犠牲になっているように思います。

好みの音にするための機能であるSoundIDは、高音と低音が十分に表現出来ないので、低音よりの中音になるか、高音よりの中音になるかと言った感じで、正直微妙です。

上位モデルである1MORE EVOでは、表現力が高いため、上記のような現象が起きず、好みの音に設定できていました。

上記のことは、価格と音質について注目したときに気になる点なので、下記のような場合は気にする必要はありません。

  • 睡眠促進のために、寝る前に使う
  • 音質より装着感と小型さを優先する

どこを重要であるかと考えるかがポイントなのかなと思います。

筐体の品質やビルドクオリティは、全体的に高いと感じました。

イヤホンブランドとして比較的歴史の長い1MOREなので、ここ数年でスタートアップしたイヤホンメーカーより、安定した品質を提供出来ていると評価して良いと思います。

総括的な何か

今回は、せっかく限定色のレッドを提供いただけたので、手元にあった赤いガジェットと写真を撮ってみました。

赤いガジェットは何かと特別感があるので、個人的には好みのカラーだったりします。

この商品は、「小型でノイキャン搭載、そして手を出しやすい1万前後」を追求している商品なので、音質の良し悪しは二の次なのかなと感じます。(小型なので、良いドライバーやチップが載らないなどもあるのかも?)

寝る前にASMRを聴いている方や環境音を聴いている方にはオススメ出来るイヤホンです。

限定色のレッドは期間限定ですが、ブラックとホワイトは常時入荷されるので気になっている方は購入してみてはいかがでしょうか。

販売ページ

2022/07/12、13に開催されるプライムデーの割引商品になっているため、カートもしくは、ほしい物リストに入れてセールでお得に購入するのがオススメです。

Amazon検索
イヤホン
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント