ALLDOCUBE iPlay 40 スペック紹介。低価格なのにS835並の性能のCPU(UNISOC T618)を搭載した10.4インチ中華タブレット!

タブレット

中華タブレットというと、どうしようもないスペックであることが多く、何をするにもストレスを感じるスペックであるケースが多々あります。

今回紹介するタブレットは、そんな中華タブレットと一線を画するタブレットになります。

このタブレットの搭載するCPUは、AnTuTuのベンチマークスコアが約20万のUNISOC T618を搭載しています。これは、少し前のスマホのハイエンドCPUのSnapdragon 835にあと一歩というスコアです。Snapdragon 835を搭載したスマートフォンは、Xperia XZ 1、Galaxy S8、Google Pixel 2などが挙がります。

これらに並ぶスペックということもあり、低スペックのタブレットが多い中華タブレットの中では、かなり”使える”タブレットとなります。

スポンサーリンク

Alldocube iPlay 40

Banggoodでは2021/01/11現在プレセールを開催中です。

プレセールでは、200台までは 174.99ドル(18,481円)、200台以降400台までは179.99ドル(19,009円)、400台以降500台まで184.99ドル(19,537円)という段階的な値段設定になっています。1月10日に販売を開始しましたが、既に販売台数200台を突破しています。
プレオーダー中ですが、発送自体は既に始まっていて、SNSではBanggoodで注文して到着した方もチラホラ見られます。

BanggoodでAlldocube iPlay 40をチェック!

スペック

OSAndroid 10.0 Q
CPU/GPUCPU: UNISOC T618
ARM-A75×2@2.0GHz + ARM-A55×6@2.0GHz
GPU: G52-3EE-2core @ 850MHz
ストレージ容量128GB
(microSDは2TBまで対応)
RAM8GB DDR4
ネットワークGSM:B2/3/5/8
WCDMA:B1/2/5/8
TDS: B34/39
FDD:B1/2/3/5/7/8/20/28AB
TDD: B38/39/40/41
Wi-Fi: 802.11 a/b/g/n/ac (2.4Ghz+5Ghz)
Bluetooth 5.0
ディスプレイ10.4インチ
2000×1200 (PPI:255)
入出力USB Type-C(OTG対応)
カメラ背面: 8MP
フロント: 5MP
バッテリー6000mAh
サイズ248.1x157.86x8.2mm
質量475 g

情報ソース: Alldocube公式サイト(中国語)

前述通りCPUスペック的には、数年前のハイエンドスマホという感じ。

マイナーCPUなので、ゲームの最適化が行われず、本来の性能が発揮できないなどの相性問題はありますが、AuTuTuスコア20万は、ゲームであっても”結構使える”スペックです。

バンド対応は良くないですが、一応LTEに対応しています。しかも、SIMカードが2枚挿せるデュアルSIM仕様。

最近のスマホではすっかり見かけなくなりましたが、このタブレットではMicroSDに対応しているので、大量の動画を持ち運んだりも出来ます。

外観

外観部分は、Alldocubeの一世代前のiPlay30とほぼ同じです。

中華タブレットというと極太ベゼルと安っぽいプラスチックの筐体であることが多いです。深センの新興メーカーの作っているタブレットは、同時期に出たモデルのデザインが殆ど同じ、ということが多いので、発注元が同じなのかもしれません。

しかし、このタブレットは、他の中華タブレットと違い、背面パーツにミッドフレームがマグネシウム製を採用しています。ベゼルもかなり細くなっていて、無印iPadと同じかそれより少し細いくらいに仕上がっているのではないでしょうか。

特徴

10.4インチの2K IPSディスプレイ

ALLDOCUBE X Neoのような有機ELディスプレイというわけではありませんが、タブレットとして十分な解像度(2,000×1,200)のIPS液晶ディスプレイを搭載しています。

Alldocube X Neo これはヒットの予感!?スナドラ660のタブレット!AMOLEDやLTE対応など珍しいスペック!
中華タブレットメーカーの中では、いかに低価格にするかというのが勝負の中心となっていて、スペックに関しては二の次というケースが多々あります。 低価格で低スペックなタブレットは多くありますが、そこそこのスペック(スマホのミドルレンジクラス...

同じCPU(UNISOC T618)を搭載したTeclastのTeclast M40は10.1インチだったので、iPlay 40の方が有利です。重さに関してもTeclast M40は530gだったのに対し、iPlay 40は474gと同じCPUでもiPlay 40の方が優秀です。

4つのスピーカーを搭載

iPlay 40には独自のBox Quad speaker with SMART Power Amplifierという機能を持ったスピーカーを4つ搭載しているとのこと。

iPlay 40にはイヤホンジャックが搭載されていない(有線イヤホンの利用には付属のType C to 3.5mmジャックの変換アダプタが必要)ので、その分タブレット内蔵のスピーカーの利用頻度が上がることが考えられます。そのため、スピーカー性能は良いものあって欲しいところです。

カメラは、おまけ程度?

フロントカメラで8MP、インカメで5MPとなっています。

おそらく、低価格帯のタブレット向けのカメラを流用すると思われるので、あまり期待できるものではなさそう。

スポンサーリンク

総括的な何か

コロナ禍の中でこれまで空前の灯火だったタブレット業界が、テレワークやオンライン授業により急激に需要が上がり、2020年一年間を通して中華タブレットは大きく成長しました。

Teclast M40で搭載されたマイナーなCPUだったUNISOC T618は、「これまでの中華タブレットのスペックイメージを変えた」と2020年の年末に少し話題になりました。

UNISOC T618を搭載し、Teclast M40よりも筐体が軽く、画面が少し大きく、4つのスピーカーを搭載したALLDOCUBE iPlay40は、少なからず期待出来る中華タブレットなのではないでしょうか。

スポンサーリンク

販売ページ

Banggood

Banggoodでは2021/01/11現在プレセールを開催中です。

プレセールでは、200台までは 174.99ドル(18,481円)、200台以降400台までは179.99ドル(19,009円)、400台以降500台まで184.99ドル(19,537円)という段階的な値段設定になっています。1月10日に販売を開始しましたが、既に販売台数200台を突破しています。

BanggoodでAlldocube iPlay 40をチェック!

当サイトでは、Banggoodのクーポン情報を毎日更新しています。セールとは別に特別クーポンが発行サれている可能性があります。購入前には是非クーポン情報をチェックしてみてください。

【2021年01月22日21時 更新】Banggood最新のクーポンとセール情報まとめ。トレンドスマホや中華タブが激安かも?最新情報を毎日更新!
どうも、Till0196です。 Xiaomi製品がとにかく安いECサイト!Banggood!通常価格は他のECサイト並でも、クーポン利用で超お買い得になるかも!? Xiaomi端末を狙っている方はこのページをブックマーク登録して...
スポンサーリンク

公式サイト(中国語 簡体字)

酷比魔方 Cube iPlay 40 | 酷比魔方官网

Amazon検索
タブレット
スポンサーリンク
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント