Ulefone Armor 6 レビュー。 MIL規格、IP68防水、ドコモプラスエリア対応な正統派タフネススマホ!

スマホ
スポンサーリンク

今回は、Ulefoneの新作タフネススマホUlefone Armor 6の実機をレビューします。

前作にあたるUlefone Armor 5に比べると中途半端のままだった機能が完成していて、使いやすいタフネススマホになっています。

個人的には最近のUlefoneの出しているスマホの中で最高の出来なのではないかと思っています。

2019/02/03現在でUlefone Amror 6の国内のレビュアーさんのレビューはないので、うちのサイトが日本最速のレビューになるかと思います。

スポンサーリンク

Ulefone Amror 6

商品提供: GearBest

GearBestでUlefone Armor 6をチェック!

前作のUlefone Armor 5のレビューもレビューしているので、是非読んでみてください。

Ulefone Armor 5 レビュー。スタイリッシュなタフネススマホで常用も余裕なスペック
こんばんは、Till0196(@Till0196)です。 今回はよりご提供頂いたタフネススマートフォンをレビューします。 価格、トレンド、スペックがバランスが良いため登山などのタフネスさが求められる状況でも活躍できそうです。ちなみに...

スペック

 Ulefone Armor 6
OSAndorid8.1
CPU/GPUMediaTek Helio P60 Octa Core, 2.0GHz
ストレージ容量128GB
RAM6GB
ネットワーク2G GSM: 1900/1800/850/900(B2/3/5/8)
2G CDMA: 850/900(BC0/BC1)
3G WCDMA: 2100/1900/1700/850/900(B1/2/4/5/8)
3G TDSCDMA: 2015/1900(B34/B39)
4G FDD-LTE: 2100/1900/1800/1700/850/2600/900/700/700/850/800/700/700 (B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/28A/28B)
4G TDD-LTE: 2015/2500/1900/2300/2500(B34/38/39/40/41)

Bluetooth:4.0
Wi-Fi: 802.11 a/ac/b/g/n 2.4G/5G
ディスプレイ6.2(18.9 : 9ディスプレイ)インチ
1080x2246ピクセル
入出力USB Type-C
nano + nano/microSD デュアルSIMスロット
無線充電「Qi」対応
カメラアウトカメラ: 13MP(画質保管で21MP)+8MP(画質保管で13MP)
インカメラ: 8MP(画質保管で13MP)
バッテリー5,000mAh
サイズ166×83×13.3mm
質量267.5g

機能やスペック詳細に関しては別記事にて紹介しています。

Ulefone Armor 6 スペック紹介。B19、B28対応でより使いやすく、スタイリッシュなタフネススマホ
今回はUlefoneのタフネスシリーズの最新作Ulefone Aromor 6をご紹介します。 スペック的にはHelio P60を搭載し大幅強化され、バンド対応もドコモプラチナバンドに対応して、本機はMIL規格も通過しており登山時でも国内...

タフネススマホなので、登山時やスキー場などでの利用検討しているかと思います。
そこで気になるバンド対応なのですが、Ulefone Armor 6ではドコモの主要プラチナLTEバンドであるBand 19にもバッチリ対応しているので山奥などの高速エリア外での利用も可能です。

今作はUlefone Armor 5では対応できなかったMIL規格に準拠しているので、ハードな使い方をする人でも安心して利用できます。

ストレージ容量は128GB、メモリは6GBのモデルのみでSoCはMediaTekのHelio P60となっています。

ストレージは正直SDカードが使えるので、128GBも要らないのですがSoCがミドルレンジ系にしては性能の高いSoCを利用しています。そのためPUBGなんかでも標準設定であればヌルヌル動いてくれました。タフネスとはいえゲームも必要十分に楽しめます。(重量がちょっと重たいので長時間のプレイはキツイですが)

一応ベンチマークもとったので画像を貼っておきます。

Geekbench4でもベンチマークを取ろうとしたのですが、「Geekbench encounted an errror …」のようなエラーでベンチを取ることができませんでした。

外観

GearBestさんにお願いしてDHLでの配送にしてもらったところ、化粧箱をダンボールで包んで送ってきてくれたので型崩れや傷が一切ない状態で到着しました。

他の配送方法もそうして欲しいのですが、DHLみたいに梱包に細かい要請がないとやってくれないようです。

表面

一応ノッチスマホなのですが、耐久性を考慮してなのかベゼルは結構あります。

ベゼルレスが流行っているため、最近のAndroidスマホは充電や通知用のLEDがないことが多いですが、Ulefone Armor 6にはちゃんと通知用LEDが健在しています。

背面

前作ではHuaweiなどが採用したことで流行したキラキラした背面を採用していましたが、Ulefone Armor 6では普通のタフネススマホの背面に戻っていました。

持ち心地などはこっちの方が良く、汚れや傷も目立ちにくそうです。

スピーカーは背面の左下に一つだけです。もちろんモノラルになります。
音量は十分に出るし、最大音量でも音が割れることもないので、利用上は問題ないかと思います。

カメラはデュアルカメラになります。
その真下に指紋認証があるため、よく間違えてカメラに指を載せてしまうので、少し注意が必要そうです。

そしてカメラの左横にあるセンサーは紫外線を感知するセンサーです。
このセンサーを用いた機能に関しては別途記述しています。

側面

これぞタフネススマホという感じのゴツゴツしたデザインで、ボタンに関してもかなり高級感がありカッコいいです。

各側面に「SHOCKPROOF」や「IP68」などと記載されています。それだけ自信があるようですね。

充電端子はType-Cです。Xperiaのようなキャップレスではなくキャップ付き防水となります。

SIMトレイ/SDカードスロットは左側の側面のキャップを外して、そこにある穴にSIMピンを入れることで取り出すことができます。

付属品

Ulefone Armor 5の付属品は箱に乱雑に入っていましたが、Ulefone Armor 6ではしっかり収まっていました。

付属品は下記の通りです。

  • 充電&通信ケーブル
  • Type-Cから3.5mmオーディオジャックに変換するアダプタ
  • 保護フィルム(替え)
  • SIMピン
  • Trye Stick(何に使うのかは不明)
  • OTGケーブル(Type-CからUSB Type-Aに変換するケーブル)
  • EU圏向けACアダプタ
  • 説明書

OTGケーブルは大容量バッテリーのスマホを多く販売するUlefoneは付属品にしてくれます。
OTGケーブルの使いみちはUSBメモリの中身を確認したり、大きなファイルを転送したり、他のスマホを充電したりなど色々あります。
保護フィルムは工場出荷時に一枚貼っているため、ここでいう保護フィルムは予備用になります。

Trye Stickはいつ使うのか謎です。分解とかのときに使えってことなんですかね。

説明書は日本語も含まれていて、訳もそこそこ良く出来ています。
Ulefone Armor 5と同様にAmazonなどでの日本販売を考慮に入れているようです。

OSや機能など

「OSに関しては殆どAOSP(素のAndroid)」って書こうと思ってたのですが、所々カスタマイズされてます。

MIUIやEMUIほどのカスタマイズはないですが、独自機能やコントロールバーなどの独自機能が含まれています。

Android OSという点でのカスタマイズ

Android OSとしては、Android 8.1 (Oreo)でセキュリティパッチが2018年11月5日になっています。開封直後にワイヤレスアップデートとしてOTAによる本体アップデートが降ってきましたが、ここれまでのUlefoneの動きから考えてAndroid 9へのメジャーアップデートの望みは薄いかなと思います。

Project Trebleには対応しているのでGSI系のROMなら焼くことができますが、後術するセンサー関連の独自機能はGSIに含まれていないことが予想されるため、それを潰すことになりうるのでGSI系のカスタムロムを焼くのはオススメできません。

Androidとしてのカスタマイズされた部分としては、片手モードの実装やジェスチャーで起動やノッチ隠しなどが追加されています。

 

AOSP(素のAndroid)にはない機能に関しては「手触り体感」とか「インテリジェントな体感」とか変な日本語が多いですが、使っていれば慣れると思います。

メーカーオリジナル機能

気圧計や紫外線センサーなどのデータは内蔵アプリの「ツールボックス」から呼び出す形になります。
紫外線センサーは太陽に向ければUV対策の必要性などを教えてくれます。

気圧計は国産タフネススマホTORQUEにも内蔵されている機能で、大体同じ値が出ているので正確な値と見て良さそうです。

他にはゲームモードというプレインストールアプリがあるのですが、ゲームモードアプリ起動中はバックグランドを最小限にして通知などをシャットアウトできるというもののようです。
最近のスマホなら大体ついてる機能ですね。


ゲームモードを経由してアプリを起動するとゲームコントローラーアイコンが出現するのですが、これを押すとコントローラーのマッピング設定が出てきます。
これは物理コントローラーを利用する際に利用する機能のようです。

手元にはPS3用コントローラーDualshock3があったのでUSB接続したのですが、うまく繋がらず使うことができませんでした。

こういうコントローラーが使えるようになるのかなと思いますが、ちゃんと使えるかは不明です。

カメラ

アプリの仕様が少し変わりました。日本語訳も更に意味不明になっています。

作例がすき家の牛丼で申し訳ないですが、実機で撮影した写真は、こんな感じです。
Ulefone Armor 5よりスペックという点ではカメラ性能が向上しているらしいのですが、あまり大きな違いは感じられませんでした。
カメラのピント合わせは相変わらず遅いです。

指紋認証や顔認証

Ulefone Armor 5より指紋認証による解除や顔認証の解除は早くなった気がします。
正直なところ体感では大きな差はないですし、認証精度は必要十分な所まで出来ているので困ることはありません。

無線充電

Ulefone Armor 5を使うときに充電の度にキャップを外すのは面倒だなと思ったので、AnkerのQiチャージャーを使ったのですが、数十秒から数分で充電がストップしてしまいUlefone Armor 5では使えませんでした。(TORQUE G02では問題なくQiによる無線充電が出来たのでチャージャーは問題ないはず)

そこで、BanggoodさんにUlefone純正ワイヤレスチャージャーをご提供いただいたのですが、こちらでは正常に充電できました。

Ulefone UF002 Qiチャージャーレビュー。Type-C端子でデザインはシンプルに大きさは小さい
スマートフォンメーカーのUlefone製Qiチャージャーをレビューしていきます。 Qiは昔はガラケーや僅かなAndroidスマートフォンにしか対応していませんでしたが、iPhoneが対応してから爆発的に対応機種が増えました。 Ule...

本題のUlefone Armor 6でAnkerのワイヤレスチャージャーを使った充電を試してみたのですが、一応止まらずに充電ができるものの、接触不良を起こしやすく正しく充電出来なかったり急に誤動作し始めたりしたりと、使いにくいです。

純正チャージャーなら問題なかったので、Ulefone Armor 6を買うなら純正チャージャーも買った方が良さそうです。

UlefoneのQiチャージャーはType-Cで、薄くデザイン性も良く、もちろんQiなので無線充電できるスマホなどなら何でも使えます。

GearBestでUlefone Qiチャージャーをチェック!

 

BanggoodでUlefone Qiチャージャーをチェック!
スポンサーリンク

総括的な何か

非常に良く出来たタフネススマホだと感じました。
タフネス用途で必要そうな紫外線測定や気圧測定などを搭載し、スペック的にもゲームできるくらいの性能になっていて、ここ最近のUlefoneのスマホの中では一番クオリティが高いのではないかなと思います。その分値段が上がっているのも納得がいきます。

大きな不満点が無く良いタフネススマホだと思います。

スポンサーリンク

販売ページ

Aliexpressなど中華発送系ECサイト各社で取り扱われています。

国内Amazonでも公式ショップから販売されています。価格がAmazonの方が高いので、GearBestなど中華発送系ECサイトを利用した方が安く購入できます。

当サイトでは各社のクーポン情報を公開しているので、購入の際には是非ご覧ください。

【毎日更新】Gearbestクーポンまとめ。XiaomiスマホやOnePlusなどが激安かも
GearBestで販売中のXiaomi製品やOnePlusスマホなどが通常より、お得に買えるクーポンを紹介しています。GearBestから情報が届いたタイミングで自動更新されるため、日本公式ブログよりも早く更新されます。GearBestで何かを買うときは是非ご覧ください。
GeekBuyingクーポンまとめ。情報が届いたら自動で更新中!
GeekBuyingで使えるクーポンまとめです。話題のXiaomiスマホやOnePlusなどが通常価格よりずっと安く買えるかも....? Geekbuyingから情報を頂き次第自動で更新しています。
【Banggoodクーポン情報】 2019/06/13更新 Mi 9 SE(128GB/6GB)が298.94ドル/ZenFone 6(6GB/128GB)が609.99ドル/ALLDOCUBE KNote GOが239.99ドルなど
Banggoodで使えるクーポンまとめです。話題のXiaomiスマホやOnePlusなどが通常価格よりずっと安く買えるかも....? 新しいクーポンが届き次第、更新しています。
【隔日更新】TOMTOPクーポン情報。アクションカメラやイヤホンなどがお安く手に入るかも
TOMTOPで使えるクーポンまとめです。話題のスマホやアクションカメラなどが通常価格よりずっと安く買えるかも....? 出来る限り毎日更新しています。他の海外通販サイトのクーポンもまとめています。

EU版とGlobal版が存在しますが電源プラグの違い以外は同じなので、どちらを購入しても利用上違いはありません。

コメント

  1. より:

    USB端子の防水性能について質問です
    より高い防水性能を実現するためのキャップ付き防水かと思いますが、キャップを外した状態での防水性能は全くないのでしょうか
    Xperiaのキャップレス防水モデルと同程度の性能があったりはしませんか?

    • Till0196 より:

      コメントありがとうございます。
      TORQUEが確かそういう方針でキャップ付きでしたね。
      自分は公式ホームページの情報程度しか分からないので、キャップなしの時の防水性能は分からないです

  2. はた より:

    ワイヤレス充電で検索してたどり着きました。
    当方のulefone armer 6は純正チャージャーを使っても充電できません。
    ランプは青に点灯するので、認識はしてるとおもわれるのですが(点滅はしています。)
    スマホ側の不具合なのか、チャージャーの不具合なのかわかりませんが、同じく所有しているiphone8plusやLG端末などは問題なく充電できていますので、端末側の問題ではないかと思うのですが・・・
    USB-Cのケーブル充電は問題ないので、普通につかってはおるのですが、気になります。
    最近のタフネスの中ではかなり高いレベルでバランスが取れており、非常に使いやすい端末ですので、問題があるとするなら残念だな、と思っていますが・・・

    • Till0196 より:

      コメントありがとうございます。
      Ulefone Armor 5で同じような現象が起きました。
      どうもQi関連の実装が甘いみたいで、不具合と個体差があるみたいです。
      armor 5のときにUlefoneに修理を依頼したのですが、状況は変わらずでした(こちらから送る送料のみで対応してくれたので悪い会社ではないようです)。
      分厚いスマホなので、実装が色々大変なのかもしれません。

  3. はた より:

    ご連絡ありがとうございます、やはり個体差があるようですね、これはハズレな感じでしょうか(笑)

    とりあえずは有線にて充電するしかないようですね。

    気になるのはqi部分のみの故障であればよいのですが、というところなんですけどね。

  4. 風711 より:

    こんにちは。
    購入を検討していますが、auの電波対がサポートされにくいとのことですがその辺のauの使い勝手を知っていたら教えてほしいです。

  5. Gigant より:

    はじめまして。
    記事を参考にさせて頂きました。
    BanggoodにてArmor 6 を購入したのですが
    受話スピーカーの故障のようで通話時に音がしません
    診断アプリでも異常と診断されました
    Banggoodに連絡したのですが交換はしてくれないようです
    送料を負担して送り返せばメーカーに修理は出してやるが、修理費用も出せと言ってきました
    しかも修理期間は9週間
    不良品を売っておいてこんな対応とは・・・と、Banggoodで買ったことを後悔しています
    やはり中華サイトはこんなもんなのでしょうか?

    • Till0196 より:

      Banggoodは以前別の商品で修理してもらったことがあるのですが、送料まで負担してくれましたよ。
      Bannggoodがサポートしてくれないのであれば、Ulefoneのサポートの方にメールしてみてはいかがでしょうか。
      自分もUlefone Armor 5で無線充電の不具合で修理してもらいましたが、料金は送るときの送料のみでした。英語でメールする必要がありますが、メーカーと直接話せるので有効な手だと思います。
      メールアドレスjackson[at]ulefone.com