格安海外ローミングStarHubのSim(Happy Prepaid)を買ってみたら結構良かった件

スマホ

オーストラリアに旅行する際にシンガポールのチャンギ空港で乗り換えだったため、チャンギ空港でSimカードを買ったという忘備録です。
オーストラリアのSimも魅力的ですが、他の国でも利用可能かつ低価格なStarHubのプリペイドSimカードHappy Prepaidを買ってみました。
宣伝するわけではないですが、シンガポール経由で
オーストラリア、中国、香港、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、台湾、タイ、UK、USA
に行かれる場合は必ず買ったほうがいいと思います。

スポンサーリンク

チャンギ空港内にはStarHub取扱店舗がたくさん

日本にいる時点でStarHubのプリペイドSimは安くてお得だと予め調べていたので、チャンギ空港アプリを入れてStarHubを探そうと思ってましたが、その必要はありませんでした。
チャンギ空港内の各ターミナルに、このような日本で言う出店のように道にプリペイドSim販売店があるので直ぐに見つかりました。
恐らく専門店のような店(携帯本体と一緒に販売してる店)もあると思いますが、行く時間がなかったので行ってません。

スポンサーリンク

今回買ったのはコレ

Happy Travel Prepaid

  • 32SGDプラン
    内容:クレジットSGD32+15GB(15GBだけはシンガポール国内のみで有効期限10日)+2GBのデータローミング(有効期限10日)
    有効期限:180日

他に選べたのかもしれませんが、予め調べていた「サーティーテゥー、シムプリーズ」で、これを買いました。

Simはなくさないように、スマホの裏に貼るのをおすすめします。(テープ、プリーズでくれます)

スポンサーリンク

設定もしてくれた

設定してくれなくても「Simだけあればいいや」っと思ったのですが、お兄さんが「Sim入れて動くとこ確認するのが俺の仕事」(真偽は不明)的なことを言っていたので、
言語設定を英語に変更し、Simトレイを引き出して買ったSimをその場で挿入しました。
iPhoneやXiaomiなどの端末だとピンを出して来てくれました。
起動後は一応利用可能(シンガポール国内向けAPNは最初から多く端末に入ってる)ですが、他国向けに設定(APN)をする必要があるようです。
そこまで設定してくれたのは一応「アイ、ウェント、テゥー、オーストラリア」って言って「OK」って言ってたからでしょうかね。
その際、「Happy Prepaid」のアプリを入れてくれと言われました。自分は予め入れていたので起動すればパパっとやってくれました。

リンクは↓

iOS向け

Android向け
Google Play で手に入れよう

まあ、やってることはAndroidなら「shppd」っていうのがAPN欄に入るAPNを作ってるだけみたいです。他のフィールドは入力不要らしい。
iPhoneの場合は専用アプリ経由でAPNの入ったプロファイルをインストールしているようです。

Androidなら関係ないですが、このプロファイルを入れたまま日本のSimを入れても通信ができないので、注意してください。
日本でもdocomo、auが繋がりました。

スポンサーリンク

店員さんはすごく親切でした

空港の中ということもあってか、私Till0196の酷い英語も頑張って拾ってくれました。
自分で経営してる店だったら怒って追い出していたでしょう。

スポンサーリンク

スピードテストもしているので結果を載せときます

全てSPEEDTESTアプリでサーバーの位置は自動選択でやっています。

シンガポールにて

↓シンガポールでの購入直後(3G時での速度)

時間↓(Mbps)↑(Mbps)Ping
2017/10/22 18:142.580.34101

↓シンガポール(4Gでの速度)

時間↓(Mbps)↑(Mbps)Ping
2017/10/22 18:227.016.0329
2017/10/22 19:129.0513.1123
2017/10/22 22:007.787.6620

 

オーストラリア(ブリスベン)にて

↓ブリスベン空港(キャリアは、Telstraかvodafone)

時間↓(Mbps)↑(Mbps)Ping
2017/10/23 5:473.600.18262
2017/10/23 5:561.542.78340
2017/10/23 6:234.730.38337

(おまけ)↓ローン パイン コアラ サンクチュアリ内Wi-Fi

時間↓(Mbps)↑(Mbps)Ping
2017/10/23 10:0119.0810.473

↓とあるブリスベンの田舎(キャリアは、Telstraかvodafone)
田舎すぎて4Gがギリギリ立つところだったので速度にばらつきがあります。

時間↓(Mbps)↑(Mbps)Ping
2017/10/24 18:028.231.34249
2017/10/25 7:011.856.91254
2017/10/25 17:510.0110.04302
2017/10/26 6:234.730.38337
2017/10/27 5:431.590.53269
2017/10/28 5:452.850.61307
2017/10/28 5:512.070.65246

 

日本

時間↓(Mbps)↑(Mbps)Ping
2017/11/01 16:461.331.29162

 

スポンサーリンク

総括的なやつ

速度の結果を見ればわかるかと思いますが、シンガポール経由でローミング(アクセス)しているので、PINGがめちゃくちゃ遅いです。
速度は大体3Mbpsでるかなーくらいなので運が良ければ動画がギリギリ見れるくらいの速度です。
ヤフーニュースを読んだりする分には全然不便はありませんでした。

自分は動画ダウンロード時に毎回途中でエラーが出て5.6GBを一週間で使い果たしてしまいましたが、普通の人は一ヶ月くらいは持つかと思います。
※プランオーバー後は$0.07/10KBっていう恐ろしいプランになるので「HappyPrepaid」アプリはこまめにチェックしたほうがいいです。
そのせいで、30-Day 3.6GB @$20を購入して残高が$10はあったのに気づいたらなくなってました。
それでもau、docomoが掴める面白いSimなので帰りに18SGDのTOP-UPカードを買って帰りました。

あ、あと関係ないですが「どうぶつの森」のスマホ版ポケットキャンプもオーストラリアで先行配信していたので、新たにGoogleアカウントをとってダウンロードしてきました。
ちなみに、ダウンロードはやはり現地Wi-Fiでないと、シンガポール判定されるのでダウンロードできなかったです。

と、言うわけでチャンギ空港経由でどこかに旅行される方は是非買ってみてください。

コメント