VORKE V5 Plus スペック紹介。余ったディスプレイの活用法にミニPCという選択肢

PC
スポンサーリンク

どうも、Till0196です。

スペック的にはノートPC並ですが、ディスプレイが無いため、性能の割にかなりお安いミニPCをご紹介します。

ページの最後には特別クーポンを紹介しています。

スポンサーリンク

VORKE V5 Plus

スペック

OS: Windows10

CPU: Kabylake世代のCeleron 3865U

RAM: 4GB DDR4 (32GBまで増築可能)

ストレージ: 64GB SSD M.2 2280 Socket(SATA 6Gbps)

WIFI: Intel AC3165 WIFI, IEEE 802.11b/g/n/ac, 2.4G/5.8G

Bluetooth: Bluetooth 4.2

LAN: 1000M

入出力: USB 3.0が3つ, USB 2.0が1つ、イヤホンジャック、SDカードリーダー、DisplayPort(4096×2304@60Hz)、HDMI TypeA 1.4 (4096×2304@24Hz)
、LAN(RJ45)、DC電源

サイズ: 12.80 x 13.00 x 3.20 cm

重さ: 355g

ミニPCの特徴としてはノートPCに比べると、RAMやSSDなどのカスタマイズが可能な点です。

このミニPCの場合はRAMに関しては足りないと感じる場合は買い足せば、すぐに増築可能です。SSDはソケットが1つしかないので、やや面倒です。

CPUに関してはCeleron 3865Uとハイスペックと言うわけではありませんが、一般的なノートPCで動くゲームやブラウジングなどは、電池消費による制限がないのでノートPCよりも快適に動きます。

外観

ミニPCとはいえ、ちゃんと有線LAN、DPポート、HDMIポートがあるのでデスクトップPCに近いですね。

サイズ感もデスクの邪魔にならないサイズなので、使い勝手はいいのではないでしょうか。

メーカー公式サイト

Vorke Official Website

スポンサーリンク

商品ページはこちら

Geekbuying ▷ VORKE V5 Plus

特別クーポンを頂いています。

クーポンコード:NHTFESGH

クーポン適応後の価格:$219.99

コメント