OnePlus 5T レビュー。これは文句のつけようがないハイコスパスマホ

スマホ

今回はTLJ Production様よりOnePlus5Tをお借りしましたので、実機レビューをしていきます。

スポンサーリンク

スペック

OSOxygenOS based on Android 7.1.1 Nougat

Oreo 8.0にもアップデートで対応
CPU
GPU
Qualcomm® Snapdragon™ 835 (Octa-core, 10nm, up to 2.45GHz)
Adreno 540
ストレージ容量64/128 GB UFS2.1 2-LANE
RAM6/8 GB LPDDR4X
ネットワークFDD LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66
TDD-LTE: Band 34/38/39/40/41
TD-SCDMA: Band 34/39
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/8
CDMA: BC0
GSM: 850/900/1800/1900 MHz

Wifi 802.11 a/b/g/n/ac, 2.4/5 GHz

Bluetooth 5.0, supports aptX & aptX HD
ディスプレイ6.01インチ
2160×1080
AMOLED
入出力USB Type-C(USB2.0)←USB Audio対応
3.5mmオーディオジャック
Dual nano-SIMスロット
※microSDスロット無し
カメラアウトカメラ
(メインレンズ)
センサー:Sony IMX 398
解像度:16.0MP
ピクセルサイズ:1.12μm
絞り:f / 1.7
焦点距離:27.22mm

(サブレンズ)
センサー:IMX 376K
解像度:20.0MP
ピクセルサイズ:1.0μm
絞り:f / 1.7
焦点距離:27.22mm

インカメラ
解像度:16.0MP シングルカメラ
センサー:IMX 371
ピクセルサイズ:1.0μm
絞り:f / 2.0
動画:1080p/30fps、720p/30fps、タイムラプス
バッテリー3,300 mAh(取り外し不可)
サイズ156.1mm x 75mm x 7.3mm
質量162g
センサー指紋認証、加速度センサー,ジャイロスコープ,接近センサー,周囲光センサー

なんと言っても、OnePlusの特徴はハイエンド機なのに低価格ということでしょうか。

低価格なのに、6インチの18:9ディスプレイでSocにSnapdragon835を採用してRAMは6GB/8GBと他社の最新機種を圧倒するスペックで驚きを隠せません。

先代機種OnePlus5のマイナーチェンンジモデルなのですが、顔認証、指紋認証の位置の変更、カメラなど更に磨きがかったという感じです。

指紋認証は次期Xperiaなどでも背面へ移動するようですし、画面をギリギリまで乗せる為に、今後は背面指紋認証のスマホが増えていくのかもしれないですね。

スポンサーリンク

箱は、シンプルでオシャレな感じになってます。

スポンサーリンク

開封

蓋を開けてみると真っ赤な内箱が出てきます。
開けてみるとこんな感じ。

スポンサーリンク

付属品

同封物としては、工場出荷時に保護フィルムが貼っている本体、カバー、急速充電可能な日本でも利用可能な充電器、真っ赤なUSB type-Cケーブル、SIMピン、簡易説明書などの紙、ステッカーです。

ステッカー

スッテカーが同封されてるのはAppleを意識してるのでしょうか。個人的にはOnePlusっていう響きが好きなので、スッテカーは地味に嬉しいです。

簡易説明書などの紙

簡単な説明書や注意書きです。
中国語のみのものと、多言語向けがありますが日本語の表記はありませんでした。
日本での販売予定は無いのでしょうか…

OnePlus5T本体

本体には、それなり使える保護フィルムが工場出荷時に貼られています。

それなりに使えるというのは、保護フィルムとしてはあまり質が良くないですが、他社スマートフォンの、工場出荷時に貼られている保護フィルムとは違い、気泡なども入ってなくて日常利用でも問題はない程度の保護フィルムです。

カバー

日本でカバーを手に入れるのは結構面倒だと思うので、これは有り難い

急速充電可能な日本でも利用可能な充電器

急速充電の方式はOppo独自規格のダッシュチャージというものなので、日本では殆ど流通していないので入手が困難な充電器。

※OppoR11sが流行れば充電器は手に入るのかな(R11sのケーブルはMicroUSB type-B)

真っ赤なUSB type-Cケーブル

こっちこそ日本での入手が困難な高速充電可能な、USB type-Cケーブル。

まあ、ダッシュチャージによる高速充電が必要無ければ別メーカーのケーブルでも十分充電早いです。

SIMピン

SIMピンです。

スポンサーリンク

本体外観

最近ではイヤホン端子のない機種が増えていますが、OnePlus5Tにはちゃんとイヤホン端子が付いています。

スポンサーリンク

本体ハードウェア

カメラ

ハード面と言えばカメラですが圧倒的な性能で、撮影中思わず「スゲ~」っと声に出てしまいました。

カメラアプリのUIは殆どios系と同じで、そのUIの中に独自機能を盛り込んだ感じになっています。
アスペクト比は4:3、18:9、1:1の3種類が選択できますが、シーン設定等は無くて、料理の撮影は厳しいかなと思っていましたが、オートモードが優秀なので全く設定なしで、”飯ウマ”写真が撮れました。

↓詳細はこちら

【OnePlus 5T】OnePlus5TとiPhoneXのカメラ比較
今回はOnePlus5TとiPhoneXで同じものを撮ったらどうなるかってのをやってみました。恐らくOppo R11sのカメラに近い(下位互換?)と思うので、Oppo R11sの購入を検討中の方に参考にしていただければ幸いです。被写体は、フランス料理です。

モードは、「ビデオ」「写真」「ポートレート」「プロモード」「スローモーション」「コマ撮り」「パノラマ」となっています。

プロモードにはシャッタースピードなどが細かく設定できるようになっています。

CPU

スペック部分でも書きましたが、執筆時に性能で困ることは何もありません。

↓AututuでとったベンチとGeekbench4でとったベンチです。
※画像クリックで拡大されます

バッテリー

3300mAhと、6インチスマートフォンの中では少ないほうですが、結構無理な使い方(Googleマップでナビをしながらあちこち歩く)をしても一日は電池が持つので、十分満足できます。

画面ロックには指紋認証と顔認証

OnePlus5Tの指紋認証は背面にありますが特に困ることも無く素早い認識で解除出来ます。

更にOnePlus5Tでは他社製AndroidスマートフォンのSmart Lockによる顔認証とは別の顔認証機能を持っており、セキュリティはそれほど高くは無いそうですが、マスク着用のままでも利用可能な顔認証が搭載されています。

今のところ、自分以外(家族など)では解除出来たことはないです。

顔認証も瞬時に実行されるので、ロック画面で待たされることは殆どありません。

スポンサーリンク

ソフトウェア面

OSはOxygenOSが採用されており、殆どAOSP(Google公式のAndroidに近い)のですが、色々機能が強化されてより使いやすいようになっています。

独自機能に関しても日本語化にも完璧です。

もういっそ日本でも売っちゃえばいいのに、なんて思っています。

※自分は設定でディスプレイ設定のテーマを「暗い」にしています。

詳細設定

ガラケーでお馴染みの電源オフからの起動設定や、Bluetoothのオーディオコーデック設定、ゲーム中の妨害禁止など便利機能が沢山搭載されています。

セキュリティ設定

AOSPのセキュリティに加えて、アプリロッカーが搭載されています。

LINEなど人に見られたくないアプリに画面ロックと同じ指紋認証かPINコードを設定できます。

ステータスバーの設定

要らないステータスバーアイコン等はオフに出来るようになってます。(すっごい便利)

アプリとの相性

アプリとの相性はSnapdragon835を採用していることもあり、問題はありません。

一部のアプリではアプリメーカーが画面を拡大して18:9に対応させているため上下が切れている場合があります。

これは18:9ディスプレイが主流になっていけば解消されるのではないかと思います。

ちなみにデレステの3Dリッチでも余裕で動きました。

デレステは16:9で3D出力をしているので両端が黒くなっています。

スポンサーリンク

総括的な何か

個人的感想

本当に値段、スペック、機能、電池持ちという面で素晴らしい機種だと思います。

ただ、Wi-Fiのアクセスポイントへの自動接続で個別オフがないというのが自分の中では唯一の欠点です。(Xperiaのみの機能だったりするんでしょうか)

そして、OnePlus5TはTLJ Production様の予約待ちの間に自腹購入してたりしています。

OnePlus5T用の保護フィルムと手帳ケースも買いました

OnePlus5Tを注文するついでに保護フィルムや手帳ケースも一緒に購入しました。
その保護フィルムやケースについては↓に書いています。

【OnePlus 5T】オフィシャル手帳ケースと保護フィルム買ってみた
スペック、カメラ、デザイン、驚きの価格のOnePlus5Tのを購入する際に、 同時購入したケースや保護フィルム等を写真を交えてレビューします。

購入経緯や、OnePlus5Tのブートローダーアンロック等カスタマイズ系は下記記事を読んでいただけると幸いです。

【OnePlus 5T】GearBestで注文しました。
先日完璧に壊してしまったXperiaの代わりにメイン機として使うつもりです。 昨日まではフラッシュセールをしていたのですが、いつの間にか終わっていました。 そこで、ちょっとGearBestの日本マーケティングマネージャーの方にメールしたところ、年末年始セールのページを更新していただけたためフラッシュセールの価格で買うことができました。
【OnePlus 5T】で買ってすぐにした作業(BLUとかカスタムリカバリ導入など)
GearBestで注文から8日で届いたOnePlus5T、データの移行をする前にBootloaderUnlockとかTWRP導入を済ませておこうと思ったので、やったことをまとめてみました。届くまでの間にOreoアップデートが来ていたりしてるので、まだOTA配信しかしていないOxygenOS 5.0.2にもついでにアップデートもしてみました。

GearBest配送に関して思ったこと

ハイエンドな海外スマホは今回が2回目で一回目はEXPANSYSでXperiaを買ったのですが、その時は関税の手数料として2千円程度を受け取り時に払ったのですが、GearBestは恐らくOnePlus5Tを「Mobile phones plastic」として運んでごまかして、関税を払わなくていいようにして来たようです。(一瞬モックじゃないかとヒヤッとしましたよ)
関税関連はGearBest側にも負担があるらしいので、このやり口は買う側も売る側もWin-Winな関係といったとこでしょうか。

スポンサーリンク

購入はこちら

今回、自分が購入したのはブラックの64GBの6GBモデルです。GearBestで購入しました。

GearBest

本体

OnePlus5T ブラック 64GB 6GB-RAM

OnePlus5T ブラック 128GB 8GB-RAM

OnePlus5T レッド 128GB 8GB-RAM

OnePlus5T ホワイト 128GB 8GB-RAM

コメント