タブレット

スポンサーリンク
タブレット

Xiaomi Pad 5 縦画面時の画面分割を上下にする方法

Xiaomi Pad 5は、他のAndroidタブレットと異なり、MIUIのカスタマイズによって縦画面時であっても画面分割は左右になるようになっています。 これはiPadと同じ仕様にしたかったのだと思いますが、日常的にAndroidを...
タブレット

Xiaomi Pad 5 日本国内で10/21より販売開始!Snapdragon 860のハイエンドSoC搭載で4.3万円から!

10/21、Xiaomi JapanからXiaomi Pad 5の国内販売の発表そして発売が行われました。 価格は、128GBモデルは43,780円(税込)、256GBモデルは54,780円(税込)です。※256GBモデルは11月下旬...
タブレット

Xiaomi Pad 5にNILKINの保護ガラスフィルムAmazing H+を貼り付けてみた!

Xiaomi Pad 5に、スマホ系アクセサリーメーカーとして一定の評判を誇るNilkinの保護ガラスフィルム「Amazing H+」を貼り付けてみました。 フィルム自体の品質は良いのですが、貼り付け方が悪く見栄えの悪い感じになってし...
スポンサーリンク
タブレット

【Xiaomi Pad 5セール情報】Snapdragon 860のハイエンドSoC搭載で3.3万円~!ハイコスパ高性能Androidタブレットを買うなら今!

Xiaomi Pad 5がとにかく安い!Aliexpressにて、128GB/6GBモデルが299ドル(約3.3万円)から購入できます! 3.3万円で購入出来るXiaomi Pad 5単体は人気過ぎて速攻で売り切れましたが、まだ3.5...
スマホ周辺機器

低価格ながら高耐久&急速充電ケーブル「タフライン」CIO-TL30000 レビュー。Lightning・USB Type-Cの4種類のケーブルを試してみました!

低価格で、「高耐久」、「高速充電」を両立したケーブル「タフライン」CIO-TL30000 シリーズ4種類を頂きました。 このケーブルは「Lightning to USB-A」、「Lightning to USB-C」、「USB-C t...
タブレット

Alldocube iPlay 40をBootloader UnlockしてGSIのカスタムROMをインストールする方法

格安ながらAuTuTuスコアが21万も出るタブレットAlldocube iPlay 40をBootloader Unlockして、カスタムROMをインストールしてみました。
タブレット

VIVIMAGE E10 (ヴィヴィメイジ E10) と専用キーボードケース レビュー。必要十分スペックでmicroHDMIで有線外部出力も可能!

VIVIMAGE(ヴィヴィメイジ)から発売されたAndroidタブレット、VIVIMAGE E10(ヴィヴィメイジ E10)をメーカーより頂いたのでレビューします。 低価格帯のタブレットでありがちな、基本的な操作でのもたつくということ...
タブレット

iPlay 40 実機レビュー。2万円から買える10.4インチタブレット!

Android10搭載、10.4インチタブレットAlldocube iPlay 40の実機が到着したので、レビューします。AuTuTuベンチマーク21万、RAM8GB、ROM128GBなど、同じ価格帯のタブレットと比較すると高スペックです。...
スマホ周辺機器

高速充電対応2ポート充電器 CIO-PDQC20W2レビュー。USB-C(PD対応) + QC3.0で18Wなのに低価格

最近ではUSB PD対応のスマートフォンが増えてきて、従来の乱立した高速充電規格から状況が変わりつつあります。 一方で、少し古いレガシーデバイスではUSB PD対応の製品は少なく、Androidデバイスで急速充電をするにはQuick ...
スマホ周辺機器

USB 4ポート充電器 CIO-KJ-PD3レビュー。USB-C(PD対応) x1+USB-A x3なのに低価格

色々とガジェットに触れていると誰もが経験するUSB充電のポート足りない問題。 Bluetoothイヤホンやモバイルバッテリーなど充電の供給側がUSB Aで作られていて、古いデバイスのACアダプタの口を使いまわしている、なんてことはあり...
スポンサーリンク