CHUWI Hi9 Air スペック紹介。Android8.0搭載で通話もできるLTE対応タブレット

タブレット

2018/04/14追記 BanggoodやChuwiのサイトで画像が差し替えられたので、こちらも対応しました。

どうも、Till0196です。

今回は、Chuwiがなかなか凄い(語彙力)タブレットを出していたのでご紹介します。

Chuwi製タブレットに関しては、少し前にスペックまとめをしましたが、今回はOSがAndroidタブレットになります。

chuwiタブレット

スポンサーリンク

スペック

CHUWI Hi9 Air

CPU:MTK6797 Helio X20 Deca Core

GPU:ARM Mali-T880 780MHz

OS:Android 8.0

RAM:4GB DDR3

ストレージ:64GB EMMC

画面:10.1インチIPS

解像度:2560*1600

カメラ:インカメラ5.0MP、アウトカメラ13.0MP

Wi-Fi:
802.11 a / b / g / n / ac(2.4GHz、5.0GHz対応)

Bluetooth:Bluetooth4.2

モバイルネットワーク:
GSM:2/3/5/8
WCDMA:1/2/5/8
LTE:1/2/3/5/7/8/20/40

バッテリー:8000mAh

重量:550g

サイズ:241.7*172*7.9mm

GPS対応、加速度センサー、microSD(128GBまで対応)

いかがでしょうか。

最近のタブレットに比べると妥協のないスペックかなと思います。

CPUはMediaTek製で、Helio X20で、RAMが4GBで一般的な2Dゲームや軽めの3Dゲームは遊べます。

ただ、日本の3DゲームはMediaTek向けCPUに最適化されていないので、やっぱりキツイのかなという感じですね。デレステはヌルヌル動くけど他のゲームはFPS落ちまくりといった感じでしょうか。

ネットワーク関連ではWi-FiだけでなくLTEにも対応しています。これは嬉しい人も多いのではないでしょうか。GPSもついているのでナビをしたり、ポケモンGOにも活用できます。

カメラもアウトカメラ13.0MPと、スマホ並みのカメラを搭載。写真や動画もそこそこいいものが撮れるかと思います。

OSはAndroid8.0(Oreo)搭載とタブレット業界では珍しく最新OSを搭載しています。タブレットは長く使いたい人が多いと思うので嬉しい点ですね。

スポンサーリンク

外観

※下記画像は変更前の写真

まずビックリなのは、ベゼルがかなり細い点です。

2018/04/14追記 何してくれとんのやってぐらいベゼルが太くなってますね。
※このサイズのタブレットはベゼル無いと使いづらいというのもあります。
そうは言っても横幅は他のタブレットに比べれば細いかなーっという感じ。

スマホでは、ベゼルレスなど流行ってますが、iPadですらベゼルはかなり太いです。

そんな中これだけ細くなっているのは評価できるポイントです。

続いてディスプレイはシャープのものを採用。

2560×1600の高精細ディスプレイです。

背面もシンプルカメラだけとなっています。

全体的なデザインはXperiaのタブレットに似ている感じです。

スマホを意識して作っているのでしょう。

スポンサーリンク

総括的な何か

最新OS、LTE対応、GPS搭載、電池が8,000mAh、あまり盛んではないタブレット業界では、かなりの良機種です。

お値段はBanggoodでは通常価格26,126円のところ、今だけ21,771円となっています。

このスペックでこの値段なのでコスパは優れいます。

気になった方は、1台買ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

購入&予約はこちらから

Banggood

CHUWI Hi9 Air

 

コメント