中華タブレット

スポンサーリンク
タブレット

Xiaomi Pad 5 縦画面時の画面分割を上下にする方法

Xiaomi Pad 5は、他のAndroidタブレットと異なり、MIUIのカスタマイズによって縦画面時であっても画面分割は左右になるようになっています。 これはiPadと同じ仕様にしたかったのだと思いますが、日常的にAndroidを...
タブレット

Xiaomi Pad 5 日本国内で10/21より販売開始!Snapdragon 860のハイエンドSoC搭載で4.3万円から!

10/21、Xiaomi JapanからXiaomi Pad 5の国内販売の発表そして発売が行われました。 価格は、128GBモデルは43,780円(税込)、256GBモデルは54,780円(税込)です。※256GBモデルは11月下旬...
タブレット

Xiaomi Pad 5にNILKINの保護ガラスフィルムAmazing H+を貼り付けてみた!

Xiaomi Pad 5に、スマホ系アクセサリーメーカーとして一定の評判を誇るNilkinの保護ガラスフィルム「Amazing H+」を貼り付けてみました。 フィルム自体の品質は良いのですが、貼り付け方が悪く見栄えの悪い感じになってし...
スポンサーリンク
タブレット

【Xiaomi Pad 5セール情報】Snapdragon 860のハイエンドSoC搭載で3.3万円~!ハイコスパ高性能Androidタブレットを買うなら今!

Xiaomi Pad 5がとにかく安い!Aliexpressにて、128GB/6GBモデルが299ドル(約3.3万円)から購入できます! 3.3万円で購入出来るXiaomi Pad 5単体は人気過ぎて速攻で売り切れましたが、まだ3.5...
タブレット

Alldocube iPlay 40をBootloader UnlockしてGSIのカスタムROMをインストールする方法

格安ながらAuTuTuスコアが21万も出るタブレットAlldocube iPlay 40をBootloader Unlockして、カスタムROMをインストールしてみました。
タブレット

VIVIMAGE E10 (ヴィヴィメイジ E10) と専用キーボードケース レビュー。必要十分スペックでmicroHDMIで有線外部出力も可能!

VIVIMAGE(ヴィヴィメイジ)から発売されたAndroidタブレット、VIVIMAGE E10(ヴィヴィメイジ E10)をメーカーより頂いたのでレビューします。 低価格帯のタブレットでありがちな、基本的な操作でのもたつくということ...
タブレット

iPlay 40 実機レビュー。2万円から買える10.4インチタブレット!

Android10搭載、10.4インチタブレットAlldocube iPlay 40の実機が到着したので、レビューします。AuTuTuベンチマーク21万、RAM8GB、ROM128GBなど、同じ価格帯のタブレットと比較すると高スペックです。...
タブレット

【プレセールなら約1.4万円〜】BMAX MaxPad I10 スペック紹介。AnTuTuスコア16万のUNISOC T610を搭載した、使えるスペックでホントに安いAndroid中華タブ!

BMAXはAnTuTuベンチマーク16万のUNISOC T610を搭載した10.1インチAndroidタブレット「MaxPad I10」を発売します。 個人的には、BMAXというと日本のAmazonのミニPCカテゴリでかなり売りあえげ...
タブレット

ALLDOCUBE iPlay 40 スペック紹介。低価格なのにS835並の性能のCPU(UNISOC T618)を搭載した10.4インチ中華タブレット!

中華タブレットというと、どうしようもないスペックであることが多く、何をするにもストレスを感じるスペックであるケースが多々あります。 今回紹介するタブレットは、そんな中華タブレットと一線を画するタブレットになります。 このタブレッ...
タブレット

Vankyo P31 (ワンーキョー P31)レビュー。キーボード、スタイラスペン付属、快適動作で2万円代の10インチ2in1タブレット

今回は、Vankyoの10.1インチタブレットVankyo P31 (ワンーキョー P31)の実機レビューをします。 このモデルは、ペンとケースにもなるキーボードが最初から付属しています。 現行販売中のVankyoのタブレット(...
スポンサーリンク