XiaomiのワイヤレスゲーミングマウスXMYXSB01MW実機レビュー。

4.0
ゲーム

日本ではスマホメーカーとして有名なXiaomiから発売されている、無線と有線対応ゲーミングマウスを入手したのでレビューします。このマウスはXiaomi出資のブランドMijiaではなくXiaomiブランドとして販売されているマウスになります。

このマウスは発売自体は2018年で、少し古い商品ですが2021年の今でも後継機はなく、しかし、生産が打ち切りになることなく現役で販売が続いている無線マウスです。

ロングセラーなのか、後継機を作るつもりがないのか分かりませんが、販売開始当初より値段が落ちていて3千円程で入手可能な商品です。

スポンサーリンク

Xiaomiゲーミングマウス(XMYXSB01MW)

提供: GearBest

今回のサンプル提供元のGearbestから当サイト専用クーポンが発行されています。
購入画面の確認画面にクーポン入力欄があります。

クーポン: MIXMYXSB01MW
クーポン適用前の価格:43.55ドル(4,734円)
クーポン適用後の価格:28.99ドル(3,152円)

GearbestでXiaomiゲーミングマウス(XMYXSB01MW)をチェック!

スペック

材質:ABS
接続:有線、2.4Ghz ワイヤレス
センサー: 光学式センサー(Pixart PMW3330)
解像度:7200 DPI
バックライトタイプ:RGBライト
DPI調整: 対応
製品重量:141g
製品サイズ(長さ×幅×高さ):12.60×6.80×4.10 cm
パッケージ内容:マウス×1、マニュアル×1、USB Micro B to Aケーブル×1、2.4 G受信機×1

外箱

質素な包装です。ちゃんとXiaomiのロゴである「Mi」ロゴが入っています。

付属品

付属品は、USB Micro B to Aのケーブル、中国語のマニュアル、ワイヤレス接続の子機のみです。

このマウスのケーブル差し込み口が細長いので、手持ちのMicro Bケーブルは利用出来ず、この付属のケーブルのみしか利用出来ませんでした。

マニュアルはこんな感じです。

子機は、マウスの表面を剥がしたところに収納されています。

子機はこんな感じ。ここにもMiのロゴが入っています。

外観

側面にはボタンが3つあります。このボタンは後述する専用ソフトでカスタマイズ出来ます。出荷時には上2つが「進む」「戻る」ボタン、下のボタンはFPSゲームなどで使えそうなボタンで、押している間のみDPIを変更するエイムモードへの切り替えボタンになっています。

ホイールしたの中央の2つのボタンは、出荷時にはDPIと速度変更に割り当てられています。

裏面はこんな感じです。
上部の真ん中がMicroBを接続するポートになっています。中央は電源スイッチ、再接続ボタンです。

ライティング

緑がRazrっぽい雰囲気がします。光る色は後述する専用ソフトウェアで好きな色に変更できます。

専用カスタマイズソフト(中国語のみ)

設定などを行う専用ソフトは公式サイトにあります。

PCだと小さくて見逃してしまいそうなサイズですがソフトのダウンロードの表記があります。

小米帮助中心-小米商城
小米商城包含小米手机系列,红米手机系列,小米电视,小米盒子等产品在线购买及产品配置详细介绍

Windows版だけでなく、Mac版も用意されています。ソフトの言語は中国語のみで日本語や英語はありません。

無線接続ではこのソフトは動作しません。一度USBで接続して、設定を記録させる仕様になっています。

ボタンのショートカットの設定ができます。

ライティング設定も好きな色に設定したり、点滅の設定などが出来るようになっています。

DPIや応答速度の設定も可能です。

スポンサーリンク

総括的な何か

これといって大きな特徴があるわけではありませんが、3千円で7200DPI、自由なライティング設定が可能、キーカスタマイズ可能、有線・無線対応、Xiaomiブランドということを踏まえると、良い製品なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

販売ページ

今回のサンプル提供元のGearbestから当サイト専用クーポンが発行されています。
購入画面の確認画面にクーポン入力欄があります。

クーポン: MIXMYXSB01MW
クーポン適用前の価格:43.55ドル(4,734円)
クーポン適用後の価格:28.99ドル(3,152円)

GearbestでXiaomiゲーミングマウス(XMYXSB01MW)をチェック!

Amazon検索
ゲーム
スポンサーリンク
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント