中華スマホ

スポンサーリンク
スマホ

【OnePlus 5T】オフィシャル手帳ケースと保護フィルム買ってみた

スペック、カメラ、デザイン、驚きの価格のOnePlus5Tのを購入する際に、 同時購入したケースや保護フィルム等を写真を交えてレビューします。
スマホ

OnePlus 5T レビュー。これは文句のつけようがないハイコスパスマホ

スペック、カメラ、デザイン、驚きの価格のOnePlus5Tの実機レビューです。 最近のトレンドの18:9ディスプレイを搭載して顔認証も高速、文句の付け所のないスマホでした。 この記事ではそんなOnePlus5Tを写真を交えてレビューします。
スマホ

【OnePlus 5T】OnePlus5TとiPhoneXのカメラ比較

今回はOnePlus5TとiPhoneXで同じものを撮ったらどうなるかってのをやってみました。恐らくOppo R11sのカメラに近い(下位互換?)と思うので、Oppo R11sの購入を検討中の方に参考にしていただければ幸いです。被写体は、フランス料理です。
スマホ

日本でOppoが何をしたいのか考えてみる

いつの間にか日本参入が決まったOppo。 今回は何故今Oppoが日本参入を決めたのか、そしてハイエンドモデルではなくミッドレンジモデルを販売することになったのか、Oppoに全く詳しくない僕の考えたことをまとめたいと思います。
スマホ

【OnePlus 5T】で買ってすぐにした作業(BLUとかカスタムリカバリ導入など)

GearBestで注文から8日で届いたOnePlus5T、データの移行をする前にBootloaderUnlockとかTWRP導入を済ませておこうと思ったので、やったことをまとめてみました。届くまでの間にOreoアップデートが来ていたりしてるので、まだOTA配信しかしていないOxygenOS 5.0.2にもついでにアップデートもしてみました。
スマホ

【OnePlus 5T】GearBestで注文しました。

先日完璧に壊してしまったXperiaの代わりにメイン機として使うつもりです。 昨日まではフラッシュセールをしていたのですが、いつの間にか終わっていました。 そこで、ちょっとGearBestの日本マーケティングマネージャーの方にメールしたところ、年末年始セールのページを更新していただけたためフラッシュセールの価格で買うことができました。
スマホ

Xiaomi Mi 6 スペック紹介。コスパ、スペックも高いXiaomiのスマホ

スナドラ835、RAM6GB、バッテリー3350mAhと文句なしのスペックでお値段47,524円〜。
スマホ

Xiaomi Mi Mix 2 スペック紹介。今やベゼルレススマホの代名詞。

スナドラ835、RAM6GB、バッテリー3340mAhと文句なしのスペックでお値段52,729円〜。日本の通信バンドには完全対応しています。
Geekbuyingクーポン・セール情報

【ご報告】Geekbuying公認アンバサダーになりました。

12月の中頃からTwitterで、やり取りさせて頂きGeekbuyingの公認アンバサダーになりました。 アンバサダーになったからと言って何か大きく変わることはないと思いますが、レビュー用に端末貸出制度があるらしく、Xiaomi製品や、OnePlusなどの中華スマホ、タブレットのレビューをやっていこうと思います。
スマホ

Xiaomi Redmi Note 4X のススメ

購入時1万ちょっとで購入したXiaomi Redmi Note 4Xの実機レビュー。 CPUにSnapdragon 625の入っていてるミドルレンジモデルです。 初Xiaomi端末なだけにmiuiに戸惑うかと思いましたが、思いの外、使いやすくて電池が2日以上持つ驚異的な端末でした。