持ち運び出来るネイティブFullHD出力対応プロジェクター VANKYO V620 レビュー。6000ルーメンで台形補正も可能!

その他商品レビュー

VANKYO V620というプロジェエクターをいただいたのでレビューします。

スポンサーリンク

VANKYO V620 レビュー

フルHDのネイティブ出力と6000ルーメンの明るさでの出力、台形補正機能や縮小機能を搭載しているプロジェクターです。

スピーカーを内蔵していますが、このスピーカーは3W程しか無いため、大きい音をだすと音割れが起きてしまいます。

聞こえないわけではないので、プレゼンテーションで音が聞こえれば良いということであれば問題ないです。しかし、映画やライブの映像を上映するのであれば別途スピーカーを用意したほうが良さそうです。

付属品

付属品は上記写真に加えて取扱説明書(日本語含む)があります。
写真内には、左から、説明書(日本語含む)、クイックスタート、HDMIケーブル、電源ケーブル、D-dubケーブル、リモコン、天井吊り下げでの利用のためのネジ、高さ調整のネジ、AV入力端子、レンズ拭き用クロスです。

HDMIケーブル、D-subケーブルが最初から付属しているので、プロジェクターが到着すれば。手持ちPCを直ぐに接続することが出来ます。

※Y/pb/prには対応していますが、ケーブルが付属していません。

外観

第一印象としては、以前レビューしたVIVIMAGE Explore 3と同様に、結構大きく思く感じました。

ネイティブフルHD出力対応プロジェクター VIVIMAGE Explore 3 レビュー。6500ルーメンで台形補正も可能!
VIVIMAGE Explore 3というプロジェエクターをいただいたのでレビューします。 VIVIMAGE Explore 3 レビュー フルHDのネイティブ出力と6500ルーメンの明るさでの出力、2つの10Wスピーカー、台形補正機能...

VIVIMAGE Explore 3との最大の違いとしては、持ち運びが想定されているということです。

VIVIMAGE Explore 3には付属していなかった、持ち運び用のカバンが付属しています。重さも若干軽くなっています。

スピーカーは、片方のみ搭載されいてます。

モノラル3Wのスピーカーなので、前述の通り、状況によっては物足りないと思います。

反対側は、ファン用の穴のみです。

正面から見て後ろの側面には、接続端子がさせるようになっています。
USBやHDMI、VGA、AV、Y/pb/pr(ケーブル付属なし)、イヤホンジャックとなっています。

Y/pb/prはPS3などで利用出来るようですが、対応機器を所有しておらず動作を確認していません。

DVI入力は対応していないので、母艦がDVIで出力するのであればHDMI変換が別途必要です。

今回は、ビックカメラのセールで3,980円で購入したChromecastを繋ぎました。

プロジェクターのUSB電源のみで動作できたので、別途ACアダプタを用意する必要はありません。

上部には、リモコンの代わりに操作できるボタンがあります。リモコンにしか無いボタンはないので、このボタンだけですべての設定が出来ます。

フォーカス、台形補正は、レンズを回して行います。オートフォーカスではないです。

レンズにはレンズカバーが付属しているので、使用後はレンズカバーをつけてホコリや傷を避けたほうが良いでしょう。

裏面の4つの足はネジになっていて、これを外して吊り下げ用の器具を付ければ、吊り下げ投影も出来ます。(内部機能で吊り下げ投影のモードもあります)

結構大型なので、カメラ用三脚一個で支える事ができません。ある程度の高さのあるところを探すか、プロジェクター用3脚が必要になりそうです。

高さ調節は、付属のネジで出来ますが、大して角度をつけることが出来ません。

また、本や物で角度を作ったとしても、台形補正機能に限界があるため、出力の際は、ほぼ水平で使える用に、高さのあるプロジェクタ三脚などを用意する必要があります。

台形補正機能がデジタルだったVIVIMAGE Explore 3は、台形補正の融通が効いたのですが、レンズで台形補正しているため、このプロジェクターの台形補正は期待しないほうが良さそうです。

設定項目

結構細かな設定ができます。
日本語での設定ができるのですが、ところどころ誤訳が紛れています。

画面スケーリング機能でを利用すれば、スクリーンからはみ出した画面を縮小することが出来ます。

本当は16:9なのにAV出力のせいで4:3になってしまったりした場合の設定もあります。

DVDなどでは、レターボックスの場合もあるので、あると結構便利です。

利用感

静止画より映像のほうが分かりやすいかなと思ったので、YouTubeに動画を用意しました。

VANKYO V620

動画内で流している動画は、「Big Buck Bunny」です。

Big Buck Bunny 60fps 4K – Official Blender Foundation Short Film

壁に直接出力しているので、スクリーンを用意するともっと綺麗に映像が出力できるはずです。

プロジェクターというと真っ暗にしないと白っぽくなってよく見えないですが、このプロジェクターは6000ルーメンあるおかげで、蛍光灯の明るさなら投影したものがある程度見えます。

比較用に写真を用意しました。

下の方が、電気をつけたときです。コントラストが多少白っぽくなるのは仕方ないですが、十分識別できる明るさです。

色の出方も綺麗で、安いプロジェクターにありがちな白っぽさがなく、くっきりしています。

スポンサーリンク

総括的な何か

持ち運ぶということであれば、結構な重さがありますが、付属ケースを利用してあちこち持っていけそうです。

個人的には、家庭で使うのであれば、若干値段が上がりますが、VIVIMAGE Explore 3のほうが設定や、スピーカーが優れているのでオススメです。

アマゾン価格は2万円数千円ですが、ほぼ常時クーポンがくっついているので、アンダー2万円で買えます。

価格帯を考えれば、6000ルーベンと、かなりの明るさでフルHD出力が出来るので、コスパは優れています。

スポンサーリンク

購入はこちらから

Amazon検索
その他商品レビュー
スポンサーリンク
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント