Walkingpad A1レビュー。スマホ1台くらいの値段で買える完全家庭用ウォーキングマシン。

その他商品レビュー

Xiaomiが出資したウォーキングマシンWalkingpad A1を購入したので、レビューします。

筐体が巨大でジムに行って使うものというイメージの強い、ランニングマシンですが、「Walkingpad A1」はコンパクトで折り畳めるシンプルな設計になっています。

おまけにアプリ連携もあるので、すっかりXiaomiエコシステムの一つとして馴染んでいます。

ググってもWalkingPadの発表記事ばっかりで、実機レビュー記事がなかったので、人柱覚悟で買いました。

スポンサーリンク

Walingpad A1レビュー

自分は Xiaomiのフィットネス向けスマートウォッチ「Amazfit Bip」に始まり、体重計などを所有していますが、肝心の運動には時間を確保することが出来ていませんでした。

このことを解決すべく、あのXiaomiが出資したという、ウォーキングマシンが目に止まり、衝動買いしました(衝動買いの価格ではないですけど…)。

外観

折り畳んだ状態だと、こんな感じです。
確かにコンパクトなのですが、思ったより厚さがあったので、自分のベットの下には入らなかったです。

開くと、こんな感じです。

上部には、現在のスピードや距離を表すためのディスプレイがついています。

電源スイッチはディスプレイ部分の下にあります。

リモコンも付属しています。リモコンは別売りボタン電池(CR2032)で動作します。

このボタン電池は何処にでも売ってる普通のボタン電池なので、準備するのは簡単だと思います。

リモコンだけで一通りの操作が出来ます。初回起動時は、後述するアプリのチュートリアルをすることが推奨されています。

利用感

ランニングマシンを家庭用にするため、ランニングマシンの割にコンパクトですが、28kgの本体はかなり重いです。

キャスターがあるので、部屋内の移動では、そこまで不自由ありませんが、1階から2階に持って降りたり上がってりして持ち運び便利というものではないです。

キャスターがついているので、段差の無い部屋であればある程度の可動は出来ます。キャスターでの移動は大きな力がいらないので、この点は好評価です。

動作感としては、安定していて安心して歩くことができます。折り畳めるので、ガタガタして不安定なものを予想していた自分としては、意外でした。

ベルトの速度は6km/hまでで、1km/hから1km/hずつ設定が出来ます。

ランニングマシンではないので、速歩き程度までの速度しか出ません。

なので、トレーニング用というよりも、一般家庭の日常運動向けです。

自分は全く体力に自信がないので、ゆっくりのスピードを長くするという目的で買ったので、ちょうど良かったです。

モードは2種類

速度が固定の「マニュアルモード」、歩いている位置で速度が可変する「オートモード」の2種類があります。

どちらも利用しましたが、オートモードは正直使いづらいです。

オートモードの仕組みは、前の方を歩くと、どんどん速度が上がっていき、後ろの方を歩くと速度が下がるという仕組みです。

少し疲れて後ろの方を歩いているとどんどん速度が下がるので。ペースが崩れてやりづらかったです。

マニュアルモードはリモコンかアプリで設定したスピード一定のまま出来るので、ペース配分が楽でやりやすかったです。

スマートフォンアプリ「WalkingPad」

WalkingPad

WalkingPad

北京金史密斯科技有限公司無料posted withアプリーチ

アプリは怪しい日本語ではありますが、ちゃんと日本語対応しています。

主に記録と、リモコン機能という感じです。

Mi Fitの睡眠記録みたいな「〇〇%の人より走っています」みたいなのを期待していましたが、そういった機能はなく、これと言って面白い機能はありませんでした。

どこで買う?

日本で購入するには、公式サイト内ストア、Amazon、正規代理店のいずれかで購入するしかなさそうです。

BanggoodやGearBeat、Geekbuying、Aliexpressなどの中国通販をチェックしてみましたが、日本への配送の取り扱いがなかったりするため、海外ECサイトからの輸入はオススメできません。

コンセントや電圧対応の少ないの中国専売モデル版の「Walkingpad C1」が何故かGeekbuyingで日本へ配送可能になっていますが、プラグタイプは違いますし、別途変圧器などの準備が必要になります。これを揃えてたら国内正規品が変えるので、このウォーキングマシンにおいて海外通販は使わない方がいいです。

※日本のショップで購入出来るWalkingPad C1は日本向けにローカライズされているようです。

自分は、ドル建てのPayPal残高があったので、公式サイトのストアで購入しました。

サイトを見ていると出現する、クーポンを利用した関係で479USドルでかつ、送料無料で購入できました。

公式サイトストアには事前に、日本モデルの出荷が可能なことを確認していたため、日本のコンセントタイプで説明書も日本語のセットが出荷されました。

中国発送かアメリカ発送になるのかと予想していましたが、大阪からの発送だったので3日程で着弾しました。

スポンサーリンク

総括的な何か

個人的には本体が重いということ以外ではオススメです。

ハイエンドスマホ1台より安く健康が買えますし、散歩と違って天候に関わらず運動出来るので、継続的な運動にはピッタリです。

ただ、ちゃんと継続的にやらないと誇りかぶる大きな置物になりかねないので、ある程度の意思は必要かもです。

スポンサーリンク

購入はこちら

ちょっと信じられないですが、「Walkingpadの旗艦店」は、公式ショップです。ちゃんと、公式チャットの方で確認したので間違いないです。

そして、FLJ(Fitness Link Japan)は日本の正規代理店です。

どちらも国内に倉庫を持っていて、保証の対応は国内で可能です。

故障などが心配な方は国内の正規代理店がオススメです。

※WalkingPad A1の国内正規代理店の販売は終了しているようで、現在はシリーズ後継にあたるWalkingPad C1が正規代理店で販売中です。

WalkingPad C1も日本ローカライズ版を製造し始めたようです。

コメント