GearbestでOnePlus 7 Pro(8GB/256GBモデル)が739.99ドルのプレセール中!

ポップアップカメラでベゼルレス&ノッチレス、4,000mAhの大容量バッテリーなど魅力的なハイエンドスマホ!
期間は5月31日まで

詳細はこちら

Xiaomi(Mijia)の電気シェーバー買ってみた。アンダー5千円なのに高品質

その他商品レビュー
スポンサーリンク

Xiaomiの日用雑貨品を取り扱うサブブランド、MijiaからType-Cで充電可能で、日本製の刃を採用しているシェーバーを見つけたので人柱覚悟で買ってみました。

価格も執筆時だとGeekbuyingで5千円行かない39.99ドルとまあまあ、お手頃価格でした。

スポンサーリンク

Mijima 電気シェーバー

Geekbuyingの送料無料便「Registered Airmail」で注文しましたが、5日後に発送され1周間で到着しました。発送されるまでが遅かったですが、輸送時間は短く比較的運が良かったのかなと思います。

梱包材が巻いてあって箱には大きな凹みや傷はありませんでした。
写真を撮っていませんでしたが、ビニールのメーカーの包装も残っていたので、恐らく未開封品です。(スマホのような高価なものじゃないので、ショップの検品はやってないっぽい?)

付属品は全て中国語の説明書と充電用のType-CからUSB-Aのケーブルです。
ACアダプタは付属していないので、ACアダプタなどを各自用意する必要があります。

本体は、モバイルルーターみたいなデザインです。
フタ部分はプラスチックですが、本体部分はひんやりした金属製で出来てます。

この製品は前述の通りMijiaブランドのものなので、いつものXiaomiの「Mi」のロゴとは異なります。

刃には「Made in Japan」と記載されていて、日本製のようです。
真偽は不明ですが笑

実際利用してみた感じとしては、今まで2枚刃のシェーバーを利用していたこともあり、少し切れ味が悪いと感じました。

他にも、3つの刃が回るものとか、2つの刃が回るものとかあるみたいです。

いずれも電池がType-C供給なので旅行時や登山などではスマホの充電器と同じで良いので便利だと思います。

刃の品質としては悪くなく、剃っているとヒリヒリするようなことはありませんでした。

中国国内向けの商品なので、国外進出は考えてないようですが、品質が良くてデザインも良いので、もっとグローバル展開しても良いのになと思いました。

そして、この記事が平成最後の記事となりそうです。平成最後というのにひげ剃りのレビューという何とも言えない感じ…

令和になっても、これまでと変わらずボチボチとマイペースにやっていくつもりです。

購入はこちらから

 

コメント