48MPカメラを搭載したUMIDIGI F1 Playが正式に発表。[PR]

スマホ
スポンサーリンク

※この記事はUMIDIGIより提供された英文の紹介記事を元に作成しています。

スマートフォンに48MPのカメラが搭載されるなど、スマホにおけるカメラの品質はどんどん良くなっています。

現在、UMIDIGIは48MPカメラに力を入れたスマホ、UMIDIGI F1 Playを発表しました。これは「フラッグシップキラー」として発表されたUMIDIGI F1のアップグレード版にあたります。UMIDIGIは先日の記事先日の記事にもあるように世界初の48MPカメラを搭載したスマートフォンUMIDIGI S3 Proを発売しました。

そして現在、UMIDIGIではUMIDIGI F1 Playを10個限定でプレゼント企画を実施しています。

スポンサーリンク

UMIDIGI F1 Play

Officially introducing the UMIDIGI F1 Play & Giveaway!

48MPのカメラを搭載した最高の格安スマホ

UMIDIGIは、UMIDIGI F1 Play、UMIDIGI S3 Proと48MPのカメラを搭載したスマートフォンを連投しており、同じように格安スマホを販売する競合会社を圧倒しています。 UMIDIGI F1 Playは、背面に8MPのサブカメラと48MPのメインカメラを備えています。 UMIDIGI S3 Pro、Mi 9およびOPPO F11 Proと同様に、48MPカメラセンサーは1/2インチの大きさで、1.6ミクロンのスーパーピクセルを備えています(暗い場所で4つの0.8ミクロンのピクセルを1つにまとめるピクセルビニングテクノロジを使用)。そしてF / 1.7大口径では、F1 Playは日中の写真を綺麗を撮ることはもちろん、夜景でもノイズの少ない写真を撮ることができます。

さらに、UMIDIGI F1 PlayはF1と同じHelio P60 AI SoCを搭載しています、6GBの大容量RAMと64GBの内部ストレージとメモリはF1より増えています。

外観はLTPS液晶の6.3インチ(FHD) +水滴フルスクリーン。 F1 Playには1850Wの急速充電を備えた5150mAhの巨大バッテリーが搭載されており、長期間使用し続けることができます。 48MP + 8MPデュアルリアカメラの設定とは別に、表面に16MP高解像度のセルフィーカメラを採用しています。 OSは最新のAndroid 9 Pieです。これがUMIDIGI F1 PlayとF1の相違点です。

 

値段と購入方法

UMIDIGI F1 Playの価格はまだ確定していません。しかし、UMIDIGI F1で200ドル前後だったことから、その位の値段になると推測されます。

UMIDIGI F1 Playの販売時期は3月末で、全世界で販売される予定です。

終わりに

前作同様に、UMIDIGIは世界的にUMIDIGI F1 Playが抽選で10名に当たる企画を行います。F1 Playに関するさらなる情報や、Giveaway企画に関しては公式ウェブサイト公式ウェブサイトで確認できます。

コメント