KZ AS10の実機レビュー。ZS10より小さくなって利便性が向上しました。

KZ
スポンサーリンク

今回はKZ AS10KZ ZS10と比較しながらレビューしていきます。

イヤホンに関しては、ほとんど素人なので音質なので詳細なレビューを必要としている場合はブラウザバック推奨です。

KZ AS10

発送はGearBestで到着時は未開封状態でした。ショップ内で開封して検品はしていないようです。

KZ AS10からはKZの定番であった真っ白な箱にイヤホンの絵がプリントされた質素な箱から変更されたようです。

今後どうなるかは分かりませんが、高級感があってこの箱は好感持てます。

箱の中も以前とは違い、手の込んだ仕様になっています。

同封物

箱は変わったものの中身は、以前と同じ最小限セットです。

2pinのケーブルに関してはKZ ZS10のときと同じものでした。

本体外観

小さくなくなったことにより見た目がスタイリッシュになりました。

KZ ZS10では全面スケルトン仕様でしたが、内側が不透明な黒色になり高級感が増しました。オシャレです!

KZ ZS10と比較

大きさが一回り小さくなくなっています。

着用感も軽くなった為、長時間の利用でも疲れにくくなりました。

音質など

イヤホンに関してはド素人な人間ですが、何本かイヤホンをレビューした経験から分かることとしては、高音や低音を無理矢理上げていないなーと感じました。

安いイヤホンでは低音と高音を強くして良い音のように聞こえさせるのが定番芸なんのですが、このイヤホンは先代のKZ ZS10以上に中音に重視したイヤホンになっています。

上記の事から高音と低音の差が大きいドンシャリが強いイヤホンを求めている場合はこのイヤホンでは満足行かないかも知れません。(KZ ZS10ZS6などの方がドンシャリが強いです。)

自分のイヤホン利用用途としては作業のBGMとして利用することが多いので、ドンシャリが強いイヤホンだと耳が疲れてしまうので、KZ AS10がしっくりきました。

総括的な何か

KZのZSシリーズ以外では初の実機レビューでした。

音質に関しても自分好みで、何よりKZ ZS10より小さいということが良かったです。

今後出るであろうKZ ZSの新作も期待出来そうです。

販売ページ

GearBest

Amazonでは7千円近くするものの、GearBestなら6千円程度で購入可能です。

日本への発送経路を持っているので約一週間で到着します。

海外発送とはいえ、何かあったらショップと仲介して返金の対応をしてくれるPayPalで支払えるので、安心です。

Amazon

コメント