GearbestでRedmi Note7がセール開催中!

スナドラ660で64GB/4GBな Xiaomi Redmi Note 7(グローバル版)が219.99ドル!
ハイコスパスマホが更にお安く!

商品ページはこちら

ダウングレードすると起動不能になる!? Anti-Rollbackの恐怖について。

スマホ
スポンサーリンク

XiaomiのRedmi Note 5やLGなど有名スマートフォンメーカーが2018中頃に発売されたAndroidスマートフォンで採用されつつあるAnti-Rollback。

何故か日本のサイトではほとんど紹介されていなかったこともあり、今回はそんなAnti-Rollbackの恐ろしさについて紹介していきます。

自分はRedmi Note 5でAnti-Rollbackにより起動しなくなった経験があります。

幸いXiaomiのロシア版コミュニティPMを送ることで特別に整備者権限を与えてもらえたので直すことが出来ました。現在この手段が利用できるかは不明。

※通常のMi FlashでははXiaomiの整備者権限のログインがないとAnti-Rollbackから復帰できません。

スポンサーリンク

Anti-Rollbackとは

すべてのスマホが採用している訳ではありませんが、もし採用しているスマートフォンで現在入れているROMより古いバージョンのROMを焼く(ダウングレード作業)とメーカー依頼をしないと治らないレベルで文鎮化します。

通常の文鎮と違い、Anti-Rollbackの文鎮化は起動するためのファイルがなくて起動しないのではなく、ダウングレードが検出されるとメーカーの意図的に起動が制限されるためBootloderにさえ到達することが出来ません。

どうしてそうなったのか

ダウングレードにより脆弱性を利用されることを懸念したものだと考えられます。

ダウングレードすれば全く起動不可になるので、盗難時などを考えれば安全といえば安全ですが、ROM焼きを行う上では非常に迷惑です。

スポンサーリンク

確認方法

Anti-Rollbackには独自のバージョンを持っていて、ダウングレード前と後でバージョンが戻ると起動不可になる機能が発動するようになっています。

現在のAnti-RollbackのバージョンはFastoBootを使えば簡単に調べることが出来ます。

Fastbootで起動して

fastboot getvar anti

と入力すれば

anti: 4

のようにバージョンが出てきます。

このときの数字が3などの4以外であればAnti-Rollbackの影響は受けません。

スポンサーリンク

対策

手っ取り早い話、メーカー純正ROM以外であれば何の関係もありません。

Project TrebleなROM、Lineage OSなどどんなバージョンであってもファームウェア部分は含まれていないため、起動不可になることはありません。

しかし、メーカー純正のMIUI、順純正のMIUI.euなどのROMにはファームウェアも含まれているためAnti-Rollbackのバージョンが戻ると起動不可になります。

スポンサーリンク

もし文鎮化した場合

基本的にはメーカーに頼まない限り直りません。

Xiaomiなら

Xiaomiは販売国ではサービスセンターに持っていくと無償で解除してくれるそうです。

そして、Anti-Rollbackになると強制でEDLモードになるのでMi Flashで治せそうですが、最終的には戻せません。

Anti-Rollback以外であればMi Flashを利用すれば一発で直りますが、Anti-Rollbackによって起動できなくなると通常と挙動が変わり直す事ができません。

どういう挙動かというとROMを焼き始める前に整備者権限であるかを確認するためログインを求められるのです。

この整備者権限はXiaomi内部でしか与えられないためユーザーの力のみでは手に入りません。

一応、Xiaomi側ではMi IDを送信すれば権限を与えるということを公式フォーラムで行っているようですが、Mi ID収集期間は終了して今はこの手段は使えなそうです。

Redmi Note 5なら直るかも?

Redmi Note 5ならこのログインが出現しない特別なROMがあります。

↓ハングルで書かれていますが、GoogleドライブのリンクがROMです。

[홍미노트5] 홍미노트5 안티롤백 하드브릭 복원 파일 : 네이버 카페

コメント