【OnePlus 5T】本体アップデートをしたら重くなったけどMagiskによるものだった件

スマホ

どうも、Till0196です。

今回はOnePlus5Tの標準ROM OxygenOS(以下OOS)を最新(5.1.0)にしたら、めちゃくちゃ不調になったものの、ある作業でアップデート前の軽さまで戻れたので、忘備録としてまとめておきます。

スポンサーリンク

(失敗談)アップデート作業でしたこと

OOSのアップデートファイルを準備

Magiskのモジュールは全部オフにして一旦再起動(Magisk本体は消さずに)

Magisk最新のZipをダウンロード

TWRPでOOS→Magiskの順番でインストール(この場合TWRPは何故か残ります)

一応起動はするものの、Twitterの画像が十分速度が出ているのに読み込まれなかったり、ゲームの起動時のブラック表示で数分待たされたり、Google翻訳を起動までに数十秒かかったり、スクロールがガクガクになったり、起動時間がめちゃくちゃ遅くなったりします。

スポンサーリンク

解決策

原因になりそうなMOD等は特に入れていないので、標準システムにないMagiskを消してみたところ、元の快適さに戻りました。

やり方

やり方は色々あると思いますが、自分がやったことをまとめます。

Magiskアプリ内の「アンインストール」→「完全にアンインストール」で再起動をしました。

再起動時は2回ブート画面が出て、これはマズイかもとか思いましたが、正常起動できました。

この時点でRootとTWRPが消えてました。

なので、最近公式ビルドのTWRPが暗号化に対応したので、公式ビルドのTWRPをPCからインストールしてMagiskを入れましたが重くなることはありませんでした。

完全解決です。

スポンサーリンク

本当のアップデート方法

Magiskはアップデート前にアンインストールする方が良さそうです。

2018/04/28追記

OOS5.11のアップデートで正しく動作することを確認しました。

下記内容は実際には試していないなのでなんとも言えないのですが、多分この方法なら動作が重くなることはないと思います。

次のアップデートで確認してみます。

OOSのアップデートファイルを準備

Magiskのモジュールは全部オフにして再起動

Magisk最新のZipをダウンロード

最新MagiskアンインストールZipをダウンロード

最新TWRPをダウンロード

TWRPでMagiskアンインストールZipを実行

その後OOS → Magisk  → TWRP の順番でインストール

再起動

これで多分正常状態で起動します。

スポンサーリンク

総括的な何か

Bootloader Unlockした人向けのアップデート方法をまとめたサイトは他機種でも中々見つからないので、参考にしていただけると幸いです。

コメント