ついにAmazfit Band 7の国内販売開始!バンドタイプながら1.47インチのディスプレイ、Alexa対応など嬉しい機能がてんこ盛り。

Amazfit

Amazfit Band 7の日本国内販売が開始されました。

Amazfit band 7

アメリカでは2022/7/21に販売が開始されたモデルです。

アメリカでAmazfit Band 7の発売開始。常時表示対応で画面が旧型の112%大型化!
アメリカのAmazfitにてAmazfit Band 7の販売が開始されました。

スペック

モデル名Amazfit Band 7
画面1.47インチ(AMOLED)
解像度198 x 368
PPI282
防水性能5ATM
バッテリー持続時間最大18日間
バッテリー232mAh
手首サイズ166mm~233mm
サイズ42.33 x 24.36 x 12.2mm
NFC×
GPS×
サイドボタン×
重さ28g
価格7,980円(税込み)

特徴

Xiaomi スマートバンドシリーズを設計製造するZepp(Huami)は、自社ブランドとしてAmazfitシリーズを手掛けています。

細長なXiaomi スマートバンドシリーズより横幅が広い画面を搭載しています。

旧モデルに当たるAmazfit Band 5と比べ、画面が112%大型化しているとのこと。

本体カラーは、BEIGE(ベージュ)とBLACK(ブラック)が選べます。

バッテリーは232mAhとスマートバンドとしては、多めの容量。

へービーな使い方をしても12日間保つとのこと。

防水性能は5気圧防水です。

心拍数測定と血中酸素濃度の測定センサーを搭載。

本体にマイクを搭載していて、Alexaを利用することが出来ます。通信はスマートフォン経由で行います。

他のAmazfitシリーズ同様にOSにはZepp OSを採用しています。

Zepp OSは他のモデルで実際に利用していますが、使いやすいUIと軽快な動作で快適に利用できます。

Amazfit GTR 3 実機レビュー。Zepp OS採用で電池が最長21日間持ち
世界一売れているスマートバンドのXiaomi Mi スマートバンド(Mi Band)シリーズの設計・製造を担当しているZepp Health(旧:Huami)。そんなZepp HealthのオリジナルブランドシリーズであるAmazfitの最...

↑ Zepp OSを搭載しています。

Webベースのミニアプリを動作させることができるので、今後の発展に期待できます。

他社のスマートバンドとの比較

モデル名Amazfit Band 7Xiaomi スマートバンド 7Xiaomi スマートバンド 7 Pro
(Redmi Watch 2)
OPPO Watch FreeHUAWEI WATCH FIT 2realme Band 2
画面1.47インチ1.62インチ1.64インチ約1.64インチ1.74インチ1.4インチ
解像度198 x 368192 x 490280 x 456280 x 456336 x 480167 x 320
PPI282326326336
防水規格5ATM5ATM5ATM5 ATM5 ATM
バッテリー持続時間最大18日間最大15日間最大15日間14日間通常使用で10日間最大12日間
バッテリー232mAh180mAh235mAh230mAh204mAh
手首サイズ166mm~233mm160~224mm130〜205mm130~205mm130~210mm(アクティブモデル)150〜220mm
本体サイズ42.33 x 24.36 x 12.2mm46.5 x 20.7 x 12.25 mm44.7 × 28.8 × 11 mm46.0 × 29.7 × 10.6 mm46 x 33.5 x 10.8 mm259.9 x 24.7 x 12.1 mm
NFC×△ (中国版のみの可能性)△ (中国版のみの可能性)△(中国ではNFCあり、日本版は無し)××
GPS××××
サイドボタン×××××
重量(ストラップあり)28g13.5g20.5g32.6 g約26 g27.3g
価格(jd.comなど)49.99USD
(Amazfit USストア価格)
299元379元299元 (NFC無しモデル)899元不明
日本での価格7,980円(税込み)6,990円???9,980円20,680円5,880円

形状や機能はXiaomi Smart Band 7 Proに似ていますが、製造が70maiでZepp(Huami)ではないようです。

Xiaomi Smart Band 7 ProにはGPSが内蔵されていましたが、Amazfit Band 7では内蔵されておらず、接続されているスマートフォンから位置情報を取得する仕組みになっています。

バンドは、Xiaomi スマートバンドシリーズのような形状をしています。

現時点でも日本で販売されているProなしのXiaomi Smart Band 7は、Zepp(Huami)が製造しています。

総括的な何か

過去モデルと大きな変化のなかったXiaomi スマートバンド 7に比べて、Amazfit Band 7は画面の大型化やZepp OSの採用など変化が多々見られます。

Xiaomi スマートバンド(Mi Band)シリーズの旧世代を持っている方で買い替え先に迷っている場合はぜひ検討したい1台です。

ちなみに、Xiaomi スマートバンドからの買い替えなら、管理アプリが「Zepp Life」から「Zepp」アプリになりますが、データが移行可能なのでスムーズに乗り換えられます。

Amazon検索
Amazfit
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント