Blackview、ArcSoftのカメラアルゴリズムが使える格安タフネススマホ「Blackview BV5200」を発表

スマホ

Blackviewは2年ぶりに安価なタフネススマホ「Blackview BV5200」を発表しました。

このスマートフォンは、2022年9月14日に、ArcSoft ®カメラアルゴリズムを搭載した格安タフネススマートフォンとして、99.99ドルで発売します。

この記事はBlackviewより提供された情報を基に記事にしています。

Blackview BV5200

この商品をAliExpressでチェック!

フロント5MP+リア13MP ArcSoft® アルゴリズム搭載

Blackview BV5200の最大の目玉は、Blackviewのタフネススマートフォンとして初めてArcSoft®アルゴリズムを採用したことである。Blackviewの格安タフネススマホでカメラアルゴリズムをサポートする機種はほとんどない。

「Blackview BV5200は低価格でありながら、頑丈さから写真撮影に至るまで、その性能を犠牲にすることなく、手頃な価格を実現しました。格安のタフネススマホの写真撮影のゲームを変更し、ユーザーがBlackview BV5200のカメラを最大限に活用できるように、パノラマ、HDR、ポートレート、ビューティを含むArcSoft®アルゴリズムを採用しています。ArcSoftは、Huawei、Samsung、Xiaomi、OPPOなど世界トップ20のスマートフォン大手に事業を展開するアルゴリズムとソフトウェアソリューションのリーディングカンパニーで、BV5200ユーザーは低画素カメラのハードウェアプラットフォームで革新的な機能を体験することが可能です。」とBlackviewのエンジニアは述べている。

パノラマモード

超広角カメラではなく、普通の携帯電話のカメラで素晴らしい風景を撮影したり、集合写真を1フレームで撮影するのが難しいと感じる場合、パノラマモードが有効です。Blackview BV4900のパノラマモードはMediaTekプラットフォームを搭載していますが、Blackview BV5200はArcSoft®パノラマアルゴリズムにより、一味違った写真を撮ることができます。ArcSoft®パノラマステッチング技術のサポート機能には、ダイナミック分析、ダイナミック補正、アンチゴースト技術、ArcSoftリアルタイムステッチングおよびJPEGエンコーディング技術への独占アクセスなどがあります。ユーザーは、高速パノラマキャプチャと後処理時間の短縮を享受し、最高のスティッチング結果を得ることができます。

HDRモード

ArcSoft® HDRテクノロジーは、HDRテクノロジーの基本的な基礎を改良し、画像内の局所的な明るさを検出するリアルタイムインテリジェント検出アルゴリズムにより、様々な撮影環境における明るさのレベルをより正確に判断します。この検知により、明るい部分と暗い部分に最適な露出値が適用され、ターゲットとなる部分に対して、元の露出値から最大2~3段分のダイナミックな露出調整を行うことができます。その結果、BV5200はより鮮明なディテール、明確な光量、そして見事な色彩の画像を得ることができます。また、ArcSoft®はアンチゴーストアルゴリズムを組み合わせており、撮影時の手ぶれや動きによって発生するゴーストや色調の問題を補正します。

ビューティーモード

自撮り好きにはArcSoft®搭載のビューティーモードが喜ばれるでしょう。ArcSoftは、顔検出、顔追跡、顔キーポイント検出、情報認識、インテリジェント顔美化などの顔技術一式を開発し、新しい顔技術の拡張と発掘のための大規模な投資を行っています。また、様々な顔タイプに対して多数のデータポイントを構築し、人種、年齢、性別、表情などの認識機能を開発しました。これらの技術は、ブラックビューBV5200でより自然な美顔を実現し、完璧な自撮り写真を撮るために有効です。

ポートレートモード

ArcSoftの神経ネットワークベースの前景と背景の分割技術の深い統合により、Blackview BV5200のポートレートモードは、異なるオブジェクト、顔、体の部分のエッジラインを区別することができます。専門的なレンダリングとデフォーカス技術との組み合わせにより、被写体を強調し、背景をぼかす効果を得ることができます。

また、水中モード、ナイトモード、セルフィーのフェイスフィルライトなど、最適化された撮影アルゴリズムのパックがあり、ほとんどの状況で瞬間を記録することができる。

その他の仕様・機能

Blackview BV5200のその他の機能については、Blackviewは自信を持って格安タフネススマートフォンの標準を上げると主張しています。最新バージョンのOS、メモリ拡張、バッテリー性能の最適化、大型スクリーン、新たに追加されたグローブモード、カスタマイズされたショートカットボタンなどを提供し、タフネススマートフォンの体験は決して同じではなくなります。詳細は以下の通りです。

Android 12のDoke OS 3.0

OSはBV5200が最も輝いている分野です。BlackviewはOSの開発に力を注いでおり、ユーザーがBlackviewのデバイスを最大限に活用できるよう、Doke OSを開発しました。BV5200はAndroid 12をベースにした最新OS 3.0を搭載しており、BV4900 Pro、BV7100に続き、3台目のBlackview製タフネススマートフォンとなります。Android 11をベースとするDoke OS 2.0および2.1バージョンとは異なり、BV5200はデザイン、利便性、スムーズさ、およびプライバシー保護において大幅な改良が施されています。

仮想メモリ拡張で最大7GB RAM + MicroSDを使えば最大1TBのストレージに

今日のスマートフォンは、コミュニケーションや写真撮影から、激しいゲームやソーシャルメディアまで、あらゆる用途に使われており、常にシームレスな体験を提供することが期待されています。しかし、スマートフォンの動作が遅くなると、ユーザーは簡単にイライラしてしまいます。そこで、BlackviewはRAM拡張という新機能を開発し、Blackview BV4900 ProとBlackview BV7100で利用できるようになった。この新技術により、BV5200の4GB RAMを最大7GBまで拡張し、データ処理能力を高め、フレームロス率や断片化を低減させることができる。そのため、ユーザーはバックグラウンドで同時に実行されているアプリをよりスムーズに切り替え、構成を最大限に活用して楽しむことができます。クアッドコアのMediaTek Helio A22と32GB ROMの他に、Blackview BV5200は2つのカードスロットを備えており、2枚の4G SIMカードまたは1枚のSIMカードと最大1TBの拡張可能なTFカード1枚を挿入することが可能です。

5180mAhバッテリー+逆充電対応

タフネスでありながら軽量でスリムなボディの中に、Blackview BV5200は5180mAhのバッテリーを搭載しています。BV4900と比較すると、容量が小さくなっています。しかし、Doke OS 3.0によるバッテリー消費に関するソフトウェアの強化により、BV5200はBlackview Laboratoryの連続使用テストに基づいて、ゲーム、ウェブブラウジング、スタンバイでの長寿命化を実現しました。また、逆充電にも対応しており、コンセントのない場所でも他のデバイスに充電することができます。

6.1インチ大型鮮明ディスプレイ+グローブモード

Blackview BV4900よりも大きい6.1インチの画面は、より見やすいサイズになっています。解像度、鮮明さ、色の正確さにおいて、BV5200はより高いレベルの視覚的な楽しみを提供します。グローブモードを搭載し、ディスプレイの感度が向上したことで、ジェスチャーを感知して的確に反応するようになりました。

販売情報

Blackview BV5200は、。9月14日~15日のBlackview Super Brand DayにAliExpressで世界初公開され、価格は99.99ドル(199.99ドルから値下げ)です。

この商品をAliExpressでチェック!

Amazon検索
スマホ
Till0196をフォローする
Till0196のぼーびろく

コメント